~Club Amour~

下流の宴~4話

2011 - 06/25 [Sat] - 06:22

~リトアニアの写真はこちら~

最初から見ていた4月期ドラマが終わったら見ようとは思っていたけれど
あまりにもおもしろそうだったし
リトアニアに行っている間に、見そびれたドラマは
そのうち見ればいいかなと思えたし
盛り上がった『名前をなくした女神』も終わったので
『下流の宴』見ています。

1話~4話まで見ての感想

まずこのドラマ、いろいろ????と思うことがある。

時代設定

福原翔(窪田正孝)と宮城珠緒(美波)は、いかにも最近の子という感じだし
漫画喫茶やコスプレ屋のバイトというのも、とても「現在」な感じなんだけど
母親達のセリフに疑問があり、普段はそんなにみない公式HPを見てみた。

原作は2009年に新聞に連載。
しかし・・・
この連続ドラマは2011年3月以前の、物があふれる日本を舞台に描かれている。
クランクインの直前に東日本大震災が起き、急遽、ドラマの設定時期を数年前に戻したのだ。


この但し書きは、ドラマは本来なら、2011年を設定するはずだったけれど
2011年より数年前ということでいいのかしら?
とすると、原作が書かれた2009年と同じぐらいか、そのちょっと前?
登場人物の年齢は、数年前の年齢ということになるけれど
それでもやっぱりおかしい??

宮城洋子(余貴美子)44歳
そもそも、余貴美子が44というのに無理がある・・というはおいといて・・
沖縄の離島出身で、中学卒業後、川崎の工場に勤める。
今、40代後半の人だけど、世の中には貧乏な人がいたのか
頭が悪くて高校に行かなかったのか、元がヤンキーなのか・・
しかし、川崎の工場へ・・というのが
その一昔も前の「集団就職」の人達のよう。

福原由美子(黒木瞳)48歳
国立大学を出た女だけれど、娘に
「お母さんの頃とは違って、女でもキャリアが・・」のような発言。
今50ぐらいでも、充分‘女も自立しよう!’のノリが流行っていたと思う。
というか、この年代の女性が頑張り始めたので
女性の権利がどんどん認められていったんじゃないのかしら?
この女が頑張らずに、ありきたりのエリートの嫁を狙っただけよね。

北沢玲一(眞島秀和)30歳
この人自身がどうのというわけではないんだけれど
福原可奈(加藤夏希)の合コン相手達は、きっとこの男と同じぐらいということで。
合コン仲間のある男が
「可奈ちゃんぐらいだったら、俺達の時代には、
 社員の嫁相手にと、簡単に仕事が見つかった。」発言。
これって・・・ いつの時代???
それこそ、由美子や珠緒ママの時代の話じゃないのぉ??
せいぜい、今40代のアラフォーの人達まで?
アラフォーでも30代となると、就職の頃にはバブル崩壊。
90年代半ばには、大企業の(嫁候補)一般職の採用もなくなってきたと思うんだけど。
2000年以降、景気が良い時代に復活したのかなぁ?
いや~1度、派遣さんにまかせてしまえるのが判明したら
いちいちまた一般職は増やさないというか、増やしても数に限りがあり
バブル期のようには簡単には仕事が見つかると思えないんだけど。

島田直樹(遠藤憲一)48歳
子供の頃、リヤカー引いてました!!
本当にいつの時代なんだろう?
昭和30年代後半生まれ、群馬はそういう時代だったのか?
いや土地と関係なく、昭和40年代の貧乏な家庭の子はそうだったのか?
『巨人の星』の家が田舎だったら、リヤカーのバイトかなぁ。
でも、星飛雄馬は、この人達が子供の頃、既にプロ入りしているので時代が違う。
いや実は、今でもリヤカーで何かを運ぶバイトをする子がいたりするのか・・・

あちら側の定義

階級社会のイギリスに住む私の感覚は、日本の人と違うとは思うけれど・・・
収入だけで階級が決まるのではないと思うんだけど。
日本は、バックグラウンドがどうあれ、お金持ったもの勝ちという感覚は
私がまだ日本にいた頃はあったし、今もそうなんだと思うけど
本当に家柄の良い人達は、成り金なんて階級が上とは思ってないのはイギリス同様だと思うけど
実際どうなのかしら? 

由美子はいろいろな人を「あちら側」とバカにし、自分は「上」みたいな顔をしている。
由美子は医者の娘だからと威張るけど
医者の娘で、ちゃんとした血筋の家庭であれば
お父さんが亡くなったぐらいで、ボロアパートに住むことはなかったはず。
医者といっても、一代で成り上がったばかりで、遺産もなかったのかなと思ったら
4話で、代々医者の家系のようなことをいっていた。
代々医者の家系だったら、他の親族が彼女達が貧乏なアパートに住むのを見逃すはずもない。
●○家の恥!といわんばかりに援助しておかしくない。
しかし、実は由美子の母(野際陽子)が嫌われ者の嫁で
ざまぁみろとばかりに、夫の親族に見放されたのか?
それか、野際陽子の実家が「あちら側」で、医者の家系に見下されていたので
ひとりで成りあがろうと頑張ったのか?

何にせよ、医者の妻だったというわりに、医者の死亡後選んだ仕事が
「補正下着の訪問販売」
下着の会社を経営しているわけでもなく、単に販売員なんだよね?
資格も学歴もいらない仕事って‘Unskilled Labour’じゃないでしょうか?
お金になっても、充分「あちら側」の人のお仕事だと思うんだけど。
それに、孫にポンと1千万円を出す・・というのはスゴイにしても
貯金通帳何冊も合わせて1千万なわけでしょう?
70過ぎまでセールスして、やっと貯めたのがそれ?
そんなで「お金もってます」って思えること自体「あちら側」
大体、金、金っていうこと自体卑しい人間。
「この家もお祖母さまが建てたのよ」って由美子がいってたけど
家があるのは、あの時代なら非常に「普通」なわけで(しかも田舎)
野際の実家がお金持ちなら、頑張らなくても実家からポンと一軒もらったはず。
そして、野際が良家の令嬢であれば、夫亡き後、仕事をするにしても
お茶、踊り、お花etcを教えるという選択もあったに違いない。
何故、訪問販売? しかも、数十年後に経営者になっているわけでもなさそう。
というか、継ぐ会社もないし、実家からの支援もないから
一瞬でも長屋生活なんだよね。やはり育ちが悪いのか。

由美子の実家にしても、嫁ぎ先にしても
『花より男子』の道明寺にしてみれば所詮「庶民」
一軒家を持っていても、団地住まいのつくしの家と大して変わらない?
漫画じゃなくても、太郎ちゃん元首相に「平民のみなさん」と呼ばれる人なのは確か。
このタイトルの『下流の宴』って
由美子自身も「下流」で、下流のみなさんの宴ってことかしら? 笑

可奈が子供の頃のパッケージのハワイ旅行の話をしながら
「出張でビジネスクラスじゃなく、家族旅行でビジネスクラス」っていってたのも笑う~。
ファーストじゃなくビジネス・・・というか
本当の上流はプライベートジェットじゃない?
しかも、ハワイごときで恩着せがましくいう由美子。
可奈が子供だった90年代後半なんて、海外旅行はめずらしくもなんともない。

福原健治(渡辺いっけい)も、結局出世から外れているし
本人そんなに威張る気はなさそうだけど
由美子は‘一流大卒’のだんなと自慢気。
早稲田を出ただけじゃ、日本の大手企業は出世できないの知らないのかなぁ?
もちろん仕事の実力があれば出世する人もいるだろうけど
早稲田卒の由美子と同年代の知り合いは「マイナー大学出じゃ出世できない」と
某銀行を辞め、外資の証券に転職してたよ。
東大出のサラリーマンは、所詮サラリーマンなので落ちこぼれといっているし
現役で司法試験に受からないから、しょうがなく官僚にっていう人もいる。
ド庶民の私は、上には上の悩みがあるんだなって感じだけど。

まぁでも、全ては、由美子が‘あちら側’と他人を見下すから
ツッコミをいれたくなるわけで
彼女が普通に良い人なら、一流企業に勤めるご主人をもった良いとこの奥さんなのにね。
普通に優雅に「女同士のおしゃべりが1番楽しいのよね~」といいながらランチしたり
似た環境の奥様と一緒に、旅行とかしてればいいのに。

常識
珠緒が始めて福原家に来た時に「うちのお父さんが」といっているのを聞きながら
「父でしょ」と心の中でツッコミを入れていたけど
そういう由美子も初対面の人の前で自分の息子を「翔ちゃん」呼ばわり。どっちもどっち。

そして、そもそも常識、常識いうわりに、平気に差別発言をする。
それこそが非常識。
由美子はそういう「品」のかけらもないのが、所詮、長屋で育った女?
良家の常識どころか、一般の常識もない。
お父さんを早くに亡くして、女手ひとつでお母さん・・・
大変だったのね・・忙しくて娘の躾けができなかったのね フフフ
と、世間一般では、同情の目で見られちゃうよね。
ま、野際は忙しい中でもしっかり躾けたおかげで、
自分そっくりの他人を見下す勘違い女になったんだけど。
孫娘もそっくりになっているし、すごく躾が行き届いている 笑

そして、由美子にイラつくポイントは、なんといっても
息子や娘にあれこれいうわりに、自分はなんでもないところ。
良い家の主婦として母として頑張った、それはいいと思う。
しかし、この女は全く自立していない。
経済的にはだんなに頼り、何かあったらすぐに母親に
息子が手に負えなくなったら、昔馬鹿にしていた島田くんに頼る。

そうそう。
野際が翔ちゃんに1千万あげるから海外に行ってきなさい。
日本で何も見つけれない人は、海外に行っても見つけない。
せっかくをお金を断った翔ちゃんにビックリした2人だけど
そんなお祖母ちゃんのお金なんていらないよね。
また恩着せがましくいわれるだけだし。
特に海外志向でもなかったら行きたくもないし。
それを「お金がいらない」ってビックリするその根性が卑しい。
人生すべてが金!みたいな。
お金はないよりはあった方がいいけど
まぁ生活に困らず、適当に人生楽しくやれればそれでいい。
って、私も今時の若者感覚なのかしらね。
けど、親の期待を裏切ってしまった人間は、親からお金貰っちゃダメよね。
何かしたくなったら、全部自分でやらないと。

来週からは、珠緒ちゃんが島田のところで勉強するらしい。
バカにされて育った島田の復讐はどうなるのか?
ドラマの最中に由美子が自分がとても育ちが悪いことに気付くのか?
由美子だけじゃなく、野際も島田にひれ伏すのか?
いろいろ楽しみです~!



関連記事

あいさん、こんにちは~!
予想通り一気に書いちゃいましたね~。
このドラマの持つ素材がツボだらけという感じです。

私も時代考証がよくわかってなかったですが
バブルのころとその後では背景が違うので
採用などもかなり変わってくるのですね。
由美子は翔ちゃんが大学にさえ入ってくれたらいいと言ってますけど
一流卒でも今はかなり厳しいわけで
翔ちゃんが適当な大学生になったとして
この就職戦線を勝ち残れるのかというと無理そうな気がします。
由美子はわかってないねえ。

しかしあいさんのお友達が凄いわ~。
上には上の悩みというけれど本当ですね。
そういうあいさんだって頭脳生かしてバリキャリじゃないですか!

>普通に優雅に「女同士のおしゃべりが1番楽しいのよね~」といいながらランチしたり
似た環境の奥様と一緒に、旅行とかしてればいいのに

あはは・・なんかおかしい。
雑誌とかでわかるの?こういう奥様たちの状況が・・。
実際、私も女同士のおしゃべりランチが一番楽しいような気がするんだわ。
そんなグループなんかを観察するとそのメンバーが不思議と似ているので
その属するカラーがあるんでしょうね。財とか学とか職とかの何かが。
面白いもんですね。
由美子だったらやはり似たような嫌味な人たちとつるむのかしら?
道行く人を見下してたりして?
たまには由美子の友人関係なんかも出してくれたら面白いのにねえ。
そんでまた攻撃対象になるとか(爆

>生活に困らず、適当に人生楽しくやれればそれでいい

翔ちゃんに唯一共感するのはこの部分ですが
おそらく視聴者も自分の中の一部ではこう思うわけで
そんな点もまたはまる理由なんですね。
さらに由美子の人を見下す態度はやりすぎではあるけれど
視聴者だって無意識に自分と人を比べて勝ち負けを判定していたりと
いう部分は絶対にあるわけで
そういう点も自分を映す鏡だったりします。

いろんな意味で話題に事欠かないこのドラマ。
やっぱり今は珠緒の成功を祈りたいところですが
翔ちゃんはいったいどうするのかが何にも見えてこないのですよね。
彼が主役(?)だと思うのですけど、この影の薄さがおかしい。

ともあれ、次が楽しみです~。

エリさん♪

こんにちは~!!

エリさんのコメントを読んだら、再来週まで待っていられないと
一気に見ちゃって、大ウケでした 笑
子供を持つ親には深刻な問題なんだろうけど
私にははっきりいって他人事だし
なんといっても、由美子の自慢話とイライラした顔がたまりません。
黒木瞳さまさまって感じです。

そうですよね。
適当な大学にいったところで、就職ないですよね。
今は大学院に行くのも当たり前になっているし
なんといっても、本人がやる気にならないことには。
面接にいって「なんとなく働きゃいけないから・・」だと雇ってもらえません。

>彼が主役(?)だと思うのですけど、この影の薄さがおかしい

はははは・・・・・endless
これこそが今の若者なんでしょうね~。
最終的には彼が何かをする気になると思っていますが・・・
でも、バイトは休まず、遅刻もせずに行っているということなので
その辺は、ちゃんと躾けられて育っている子なのがわかるし
どこかで目覚めて欲しいです。


>その属するカラーがあるんでしょうね。財とか学とか職とかの何かが。

人間って共通項がないと、基本は知り合わないことになっているんですよね。
由美子が気にするバックグラウンド以外以外だと普通は「趣味」ぐらい?

それなのに、私の知り合いの「上」の人達と
「あちら側」の私はどうして知り合うのかというと
それは、海外に住むと「日本人」というのが共通項になるので
日本にいたら知り合わなさそうな日本人に、いい意味でも悪い意味でもいろいろ会うんですよ。
最終的に長く付き合うかどうかは、それ以外の要素が必要になるけど。

>雑誌とかでわかるの?こういう奥様たちの状況が・・

ロンドンには‘駐在員の奥様’という、由美子と似たような境遇(もっと上?)がいますよ。
まぁ上の人達じゃなくても、主婦達は普通にそうしてますよね。

由美子は、イギリス人のミドルクラスのように
「自分より下の人を見下し、自分より上は見ない」ので
本当に似たような人しか友達にならないと思います。
友達っていっても、お互いに子供やだんなの自慢を謙遜しながらするんでしょうね 笑

来週が楽しみですね!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/647-1d5734c8

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード