~Club Amour~

失敗??

2010 - 12/22 [Wed] - 20:53

さっき届いた、ジャニInternational。
赤西さんの凱旋コンの申し込みもありそうですね~。

さて、秋ドラマが終わりました~!

ちょろちょろ飛ばしたりもしたけど、4本見ました。
感想は『フリーター、家を買う』中心。

セカンドバージン
最初おもしろいかなぁと思ったけど
結局、なんかイマイチ盛り上がりそびれたかなぁ?
ブツブツはそれなりに楽しかったけど・・ 別館→
でも、どっか違うっていうか、
普段ブツクサいっているドラマほどの盛り上がりはなかった。

さて、他はどうだったかというと・・・

ナサケの女 ~国税局査察官~
米倉涼子と飯島直子の掛け合いがよかったけど
飯島直子も、もっと綺麗な衣装の日があれば、尚更嬉しかったかも。

テンポがよく、笑ったり、キュンとしたり、いい感じに楽しめたし
ワインひと口で値段判別とか、チラっと見て全身の査定したり
人間を観察・分析する力がおもしろかった。
松子や他の査察官の執念も笑えたけど・・ 
現実、あんだけ深刻なのかな?

友也(瀬戸康史)が最後戻ってこなかったのもビックリ。
ドラマだから、綺麗に片付くと思ったら、大間違いだった。

あと、津川雅彦のナレーションが毎週楽しみだった。

パーフェクトリポート
視聴率がおそろしく悪かったみたいだけど、楽しみました。
蒼山(松雪泰子)がやってきた時は
落ちこぼれの烙印を押された感じで、やる気のなかった遊軍のメンバーが
どんどん熱血になっていき、まとまっていくのに癒された。

そして何よりも、要潤。
黄田さん、めちゃめちゃカッコよかった~!
仕事中もカッコイイけど、
楓ちゃんと一緒の時の優しい顔、マジ、カッコよかった!
シュウさん以来の大ヒット!

フリーター、家を買う。
なぁ~んだ、結局、フリーターは家買えないんじゃん。
買う、買う詐欺にあったよ・・・
どうやって買うのか楽しみにしてたので、はぁ?って感じ。
セカンドバージンもはぁだったし・・・
火曜日は『ギルティ』を見ておけばよかったって思った。
1話だけ見たけど、ギルティの玉木宏が、すごくカッコよかったんだよねぇ。
それで、記事タイトル「失敗」

でも、このドラマは、タイトルが違っていれば、普通に人情ものとして楽しめた。
大悦土木社長(大友康平)いい人だったし・・・
どいつもこいつも(母除く武家、西本息子、あかり、手島、真奈美、亜矢子義母、大悦・・)
まるで私のように、ズケズケとものをいうのもおもしろかった 笑

しかし、亜矢子(井川遥)クラスのズケズケだと楽しいけど
オヤジ(竹中直人)は、はぁ?はぁ?の連続だったな。
誠治(二宮和也)は、尊敬したいみたいだったけど・・ 無理。
あのオヤジってば、他人には厳しいけど、自分にはあまいし
なんといっても、全てがネガティヴ。

コンピュータが使えず、部下に馬鹿にされながら、書類押していると愚痴ってたけど
だったらコンピュータの勉強すりゃいいじゃん。
もう70過ぎた人達ならまだしも、50代半ば。
コンピュータが世に出回った頃、まだ30代だったと思われるし
そもそも、彼がバカにする土方や外回りの人と違って
毎日、会社の中で過ごすわけで・・・
いくらでもコンピュータを学ぶ時間はあったはずなのにしていない。
それで、卑屈になって、家族に当たる。最悪。
誠治のことだって、息子が頑張ろうとした時に
「どうせ無理」みたいな感じで、やる前にやる気をなくさせる。
「石橋を叩いて渡る」という言葉があるけど
このオヤジは、石橋叩いて、壊して、渡れなくしている。
もともと、経営戦略とか企画をしたかったようだけど
こんな人間にまかせたら、何も新しいことができない。
誰かが何か企画しても、あれこれ悪いことを考えて、何も始まらん。
会社も、そういう人間性を見抜いたのね。
終身雇用制の日本だから、それなりに上のポジションだけど
終身雇用じゃなければ、一生部下をもつことのない人間。

そして、あかり。
男は良い仕事をしていて、良いところにデートに連れて行ってくれて・・って。
自分は何様なのって感じだった。
土建屋の事務しながら、一緒に働いている人を見下し
挙句、自分はやはりコンピュータすら使えてない。
今どきの若者でコンピュータができないって、ある意味すごい。
哲平(丸ちゃん)がなんで、こんな女を好きなのかもわからなかった。
誰かにすがらなければ生きていけない女の分際で
他人には厳しく、自分にはあまい。最悪。

そうそう、オヤジの愛人というか、貢いでいた女。
あれ、笑っちゃいましたねぇ~。ちゃっかりしてる 笑
お金はあるとこから貰えよって思ったけど
あの女の器量じゃ、この男が精一杯か。
オヤジもの方も経理じゃ接待費もないし、
クラブのホステスに貢ぐほどのお給料ももらっていないし
丁度、お互いの利害関係が一致していたのに、
子供達に見つかっちゃって残念だったね。

でも、結局最後に、頭金もだしローンも組むなら、
あんな女に貢いでないで、さっさと買っておけばよかったのに。
家賃5万円だからといって、
あのぐらいの年代なら、まだまだ男は家買ってナンボじゃないのかなぁ?
二流商社でも、バブルの時期は、それなりに良かったんじゃないの?
そういうセコさが、子供に尊敬されなかったんだよね。
まぁ救いは、母親が夫をたてていたから、父親としての威厳を保てたけど。

あの母親も、なんだかなぁ。いい人なんだろうけど・・
あんなになる前に、愚痴のひとつでもこぼしておけばいいのに。
良い人を頑張る人って、好きじゃないのよね。
人間なんだからさ、誰だっていろいろあるよ。
一生我慢できるならいいけど、大体爆発するでしょ。
で、私はこんなに頑張ったのに~と、誰かを責める人が多い。
寿美子の場合は、垢の他人相手じゃなく、家庭だったので
爆発人間達よりも更に頑張り過ぎて
鬱病になったのは可哀想だけど、爆発型よりもタチ悪かったわ。
せっかくの就職試験をキャンセルさせたり
くだらんもの買って、息子が必死で働いたお金パーだし。
真剣、疫病神に思えちゃったよ。
そもそも、この人の性格が変わらなければ
引越した先で、また違うことでイジメられそう。

どんな時もニコニコしていたらから、息子もやさしく育ったし
鬱病にならなければ、家族はまとまらなかっただろうけど
こんな問題がなくても、大悦土木で仕事の厳しさと人間の優しさに触れ
誠治は充分、人間として成長できたような気がするし
それだけのドラマで、ずいぶんおもしろかったと思う。
誠治が一生懸命働く理由は、他にいくらでも考えられた。
まぁ息子を抱える母親達は、明日は我が身と思って見たと思うので
たくさんの人が見ていたんだろうけど。
仕事場だけだったら、パーフェクトリポートのように飽きられてるしね。

1月のドラマは、いろいろおもしろそうだけど・・・
休みに入ってから、じっくりと何を見るか考えます。

関連記事

フリーター

我が家にも来年はフリーターかプー太郎になりそうな子供が2名おります。
不況なのでね。
というより、就活 ほんとにやってるの?っていつも怒ってるんですけどね。

お父さんのこと。たぶん、あの女性は「自分を必要としてくれている人」が家族でなく他人にいたという設定じゃないのかな?
後半、誠治が面接だったり少しはお父さんを必要としていく展開に 必要だったのかなと思っています。

今の日本の若者。
親のすねかじりだったり、働く意欲がないのが大半。
仕事をやりとげることよりも、お金の計算で動いているし。
平日に1日働くよりは 休日出勤半日で同じ賃金もらう方を選んだり。
だらだらして残業したりね。
私の周りが 昨年とうってかわって そういうタイプが増えたので、
ストレスがたまっています。

誠治くん、バイト出来ているだけ幸せです。
今は倍率高くて、バイトの面接も落ちてきますもん。
土木はどうかはわかりませんが・・・
せめて長期のバイトでもやってくれればと、母は祈っております。
夏のプールの監視員はやれる子なんですけどね。

「秘密」は見られました?
すごく はまってしまいました。
結局 どうなってたかは 家族でも意見が違ってて。
それはそれで いいのかなと思っています。
私は 母の死にshockを受けている父を見て、娘が母に人格が変わってたのではと思っているんですけど。
素直に母の魂が娘の身体に乗り移ってたと考える方がいいのかな?

「Gilty」は全部録画しているものの、まだ見れていません。
一気に見る時間があればと残しています。
あとは「小田切響子の嘘」はお気楽に見れるドラマとして毎週見ていました。

バラエティに関ジャニ∞がかなり出ていたので、他は録画も出来ないことが多くて。

あいさんの 次のクールのドラマの批評も楽しみに待っていますね。

ひなりょうさん♪

こんにちは。

職探し中のお子さんがいらっしゃるんですね。
不況で大変だと思いますが、なんとかいいところが見つかるといいですね。

父親の貢ぎ話は、設定として必要だったと思いますよ。
何もないのにお金を渡すのはありえないっていっている方がたくさんいましたが
非常に、現実的な話だったと思います。
但し、もうちょっとお金のある人から貰うんですけどね。
でも、このぐらいしょぼくれたオヤジ達なら
このドラマのように、そこまでお金のかからない女に貢いでいるんでしょうね。


若者は・・・・
日本に住んでいないので、実際どこまで酷いのかわかりませんが
いつの時代も、若い時は「最近の若者は」といわれたと思います。
時給目当てに仕事しているのって、若い時はよくあるし
誠治は、大悦のおかげで、仕事をする喜びを知ったので変われたけど
どこかで仕事意識に目覚めなければ、良い年しても変わらない?
ネットを見ていても、いい年した大人の仕事へのいい加減さにビックリするし
私の友達の仕事の愚痴も、
若者よりは大人の女性への愚痴が多いです。
大人になると、頭は固くなるし、頑固になるし、
プライドが無駄に高くなり自分の非は絶対認めず
自分のバカが目立たないように、
若者に押し付けることには頭がまわり、タチ悪いですよね。
って、まさに、竹中オヤジそのままですけど・・・

秘密、ギルティ、小田切・・・どれも見てないです。
今回は上の4つだけでいっぱいでした。
しかも、ナサケとパーフェクトリポートは全部見てないし 涙


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/618-6018ed35

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード