~Club Amour~

「イタい」年上女性

2010 - 10/15 [Fri] - 00:13

先日MIXIニュースに「イタい」年上女性だと思われる瞬間8パターンというのがあった。(ミク元記事

当然私もイタい人なんだけど・・・ 
おもしろかったので 笑

【1】髪型やメイク、ファッションが、明らかに「若作りすぎる」とき
‘若作り’にもいろいろなパターンがあるんだろうけど
ここの記事にあったのは‘盛り髪’‘豹柄’
先日、博貴のゴシップが載っていた女性誌で
山咲千里が‘48歳のギャル’をしていた。
知らない人が見たら、何の違和感もなさそうで
後で年齢をきいてドッキリみたいな感じだった。

そして、ちょっと前に「彼女に着て欲しくない服」にもアニマル柄というのがあった。
その理由に「去年流行したのに・・」
ちょっと、ちょっと~~!!
本当に日本の流行追いの人々って嫌よね。
自分達は勝手に流行をおい、流行が変われば違う服。
ロッカーの私達は、ヒョウもゼブラも、もう30年は着てるし、
きっとこの先、墓場まで着ていくに違いない。
勝手に若い子の流行にして、年寄りが着てるの笑っちゃダメよ! 笑
が、しかし、それでも会社には着ていかないけど。

私が「怖いな」と思う、オバサンの若作りとしては・・
若作りというより‘幼い’格好をする人。
髪の毛をウサギのようにして、幼稚園の子みたいなボンボンつけて結んでいる人とか・・
まぁその人が、何十年来‘漫研’‘コミケ’とポリシー持っているならそれもありか 笑

【2】ひと昔前の流行語を、いまでも普通に使っていたとき
これは・・・日本語のアップデートについてけないのよね・・
流行語なのかどうかも知らずに使っていると思う。

ビックリしたのが・・・
この記事について書いている日記の中に
「ラブリー」をまだ使っていて引いたってあって・・・
ラブリーが日本で流行ったことも知らないんだけど
毎日の日常会話で使ってる。
イギリス人は、天気もラブリー、ご飯もラブリー、約束が決まった時もラブリー・・etc
日本に帰った時に、自然に口から出たら、イタイオバさんなんだよね。
まぁ会話する前にイタさ充実してるからいいけど。

【3】「ミキが」「ユーコは」など、一人称が「自分の名前」だったとき
これは、オバサンじゃなくてもイタイというか、キモイというか・・・
はっきりいって、10代でも、一人称を名前にして許せる娘って決まっていない?
そして、時々、うっわぁこわぁ~って思うのが・・・
ネット上で、50過ぎた孫がいてもおかしくなさそうな人が
自分のこと「○●ちゃん」「○●姫」とか書いてるの。
そういう人の書く内容も、ひく。

記事の‘オイラ’・・・
これ、真面目に引いている場合じゃなく、笑うとこじゃないのかしらね。

【4】「ヤバイっすねー!」など、年齢相応の言葉遣いができなかったとき
年相応の言葉遣い・・・ 人間のレベルがしれるってことで 汗
けど、日本語難しいよね~。
ヤバイと思って、日本語の本を読んだり、
綺麗な日本語のリン友さんのところで学んでみたりするけど
もう今更無理って感じ。
年をとってボケると、今まで英語で生活していたのに
突然日本語しか話せなくなる人がいるというので
それまで待つかと考えたり 笑

昨日、日本人の歯医者に行き、日本人の先生の説明を
SORRY?と聞き返しちゃった、超恥ずかしい奴がここに・・・

【5】自分より若い人たちの話題に無理やり割って入ってきたとき
『わたしも肌荒れがひどくってさあ!』・・若い子にいったら、まぁそういう反応されるよね。
時々、自分が若く見えると勘違いしている人がいる。
というか、若く見えても、実際若くないわけだし・・・
年のわりに肌が綺麗だったら、若い子の方から、お手入れの仕方を聞いてくる。

【6】いい大人なのに「若い女の子だから許される」と勘違いしているとき
『テヘ(ニッコリ)』とごまかす・・・若くても許したくないことなんだけど。
けど、こういうのをうまくやる女が、女のしあわせを掴んでいるのも事実かも。

【7】恋愛や結婚における「理想」が現実離れしているとき
30代男性のコメントということは年上女性は40近いか40代でしょう?
その年までひとりの人は
結婚できない言い訳、彼氏ができない言い訳、どんどん話が大きくなるのわかってあげないと。
若い時は、ちゃんと現実的な理想があったのよ。
「本音を打ちあける時は」ってあるけど、こういうことをいう人の本音は、誰でもいいの。
誰でもいいのに、彼氏いないのぉ~なんて、誰にいえる?
いえるような人は、その年までひとりじゃない。

【8】自分のことを「オバサン」と言うなど、自虐的に年齢をネタにしたとき
これ!! 自虐ってとられるの心外だなぁ 笑
オバサンはオバサン。自虐のつもりないんだけど。
オバサン=自虐にする若者達。
年をとってから、もっと人生が楽しいの知らないからしょうがないね。
若く見えるのを喜ぶのはいいけど
年をごまかしたいような人生を歩んでいる人は、どこか満たされていない。

しかし、ここに「ジャニヲタ」とかないのが不思議 笑
みんな会社で判明しないようにコソコソ生きているのかしら?
それとも、オバサンじゃなくても、ジャニヲタはイタイということ?

なんでもいいけど、ネットを見ているとこの記事のように
‘誰かに嫌われないためには?’‘誰かに好かれるためには?’とみたいなのがかなり多い。
いろいろ取り繕って、自分を隠して好かれて嬉しいかなぁ?
気に入られようと媚びて、自分じゃない自分を好きになってもらっても
結局、虚しいだけだと思うんだけど。




関連記事

お久しぶりです
最近は過労死しかけだったのですが、あいさんのブログ見て元気いただきました
一番笑えたのは50代の人が姫と呼ぶところですね。笑
例えブログの中だけであっても鳥肌ものですね…
確かに、変に取り繕った自分や、勘違いされた私の性格を好かれても嬉しくないですよね。
今、自分の身で実感しております…(´ω`)
先輩は私が言葉遣いも丁寧でおしとやかで優しい子だと思っていそうだ…
先輩には無礼な言葉遣いとかはできないと思っての行動が、見事に勘違いを生じさせてしまった…涙
勘違いされた自分なんて、いいところばっかでも全然嬉しくない(;_;)
まあ、どうにか頑張ります

10月末日までサークルが忙しいのですが、その先は沢山更新したりコメント書いたりしますね!!

あぁ、内くんの少クラ見なきゃ!!

奈々ちゃん♪

忙しいということは、大学生活エンジョイしてますね~。

まぁ先輩のことは、面倒かもしれないけど
これも青春の1ページということで。
全くモテずに大学卒業し、全くモテずに会社で数年過ごし
30過ぎて、お城で結婚式といって笑われないようにしないと 笑
とりあえず、良い男を見つけてね。
後で、城の夢を見た方がよかったと思うような男は避けましょう。

50代の「姫」は怖いよね。
例え、どんなに美人でも、やっぱないわって思う。
でも、そういう人って、大体普通に結婚して子供がいて
お城で結婚式の夢を見ているわけではないので
ご主人に相当愛されたしあわせな人なのかとは思う。
としたら、私のこのキモイという感情は嫉妬かなぁと考えたり・・・汗

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/610-845db61f

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード