~Club Amour~

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルノヒカリ2 第9話

2010 - 09/02 [Thu] - 18:04

豪徳寺キター!!!

1を見ながら、昔のオフィスはチームワークがよく
みんなよく働いてた~って懐かしんでたとこだった。
要とか手嶋くん、優華さんもチラっと出てくれると嬉しいのに・・

このドラマのいいところは
ぶちょおとホタルの縁側シーンはもちろんだけど
会社でみんなで力を合わせて働くところも。
みんなとはいかなかったけど
ホタルが桜木さんの仕事を通じて成長していく感じがよかった。
さり気なくドーナツ持ってきたりね。

山田姐さん、やっと山田姐さんらしく

後輩の仕事を見守るのも仕事のひとつよ

カッコイイ~!やっぱり山田姐さんは、こうでなくちゃ!

そして、二ツ木なにしてたのぉ?って思ったら
元妻のおばあちゃんのとこって 笑
浮気だと思って、距離を置こうと思ったり
やっぱ仕事することにしよって思ったりとか
山田姐さん、ダメだよ、ちゃんとフタちゃん捕まえとかなきゃぁ~!!
って、叫んでいたら・・・・ 
二ツ木、男見せました!!!
ハッピー、ハッピー!!
仕事のことは、本当に彦左衛門が生まれることになってから考えましょ。
それまでに、会社での女の立場とか、部署移動など
いろいろ悩むこともあるだろうし・・
まぁとりあえず、二ツ木との生活はうまくいきそうでメデタシ、メデタシ。

で、早く本題にいけよ、って感じでしょうか・・・


だって、いっぱいあって~~

ホタルです 誠一です ホタルです 誠一です

もうこれだけで

ぶちょおでいいよ 

指輪なくしたのは、ビックリだったけど
一生懸命探すといって、結局ビール飲んでゴロゴロしているのも
先週までだったら、イラっときたのかもだけど
エレベーターで、言い合いながらもラブラブなのがよかったのか
どうせ箱に入っているか、にゃんこが持ってくるかするんでしょって思えたからか
「一生懸命探してる」とウソついても(ホタル本気)笑えた。

しかし、先週の予告で、小夏のところに「ぶちょおをお願いします」っていってたのとか
一体どんなことになるのかと思っていたら・・・

ひぃ~っひっひっひっひっひ


孤独死の心配って・・・ ひ~っひっひっひ

それで、川で魚釣ってんなよって感じだけど・・ ひ~っひっひっひ

小夏も・・ 大概変わっている子だと思ってはいても、さすがにビックリだよね。
しかし、さすが小夏。
呼び出したカフェが素敵過ぎる。
素敵というより、夜光の階段の道夫くんがいそうな?
大人の二人だからといって、なんかホタヒカって感じではないカフェだった。
夜光の匂いが・・プンプン 笑

瀬乃はまたぶちょおに宣戦布告して~って思ったけど
宣戦布告というよりは、ぶちょおの背中を押した?
素敵女子・優華さんみたいだったかも。
まぁあんな可愛気あるわけではなく
多分、本人、若くて熱いだけなんだろうけど、ウザイ・・

そして、とうとうきました

初めてのチュー!!!


突然の嵐のような~~
胸の中に隠していた~欲望のままに~


踊った 笑

そうそう、これでいいのだ!

これでいいのだ~
ボンボンバカボン、バカボンボン


来週ボンタロウさんが出てくるみたいです~。

しかし、ホタルちゃんのビックリした顔が・・ 

ひ~ひっひっひっひ

せっかくの藤木直人のチューなのに・・・
本当はすご~く美しく決まるはずなのに・・

ひ~ひっひっひっひ


でも・・ カワイイ・・・

このシーンの「ぶちょお」と呼ぶ‘ぶ’の音がいつにも増してカワイイ。


いかないで! もうどこにも行かないで・・・



うわぁ~ん、ホタルちゃん、可愛すぎるよ~!

いいよ

俺は一生君の縁側になるよ


ただいまホタル


甚平に着替えて・・・

いいよ


「いいよ目覚まし」が欲しい~。
つか、聞いたら、ますます夢の中か?

それにしても、いつの間にかお部屋が片付いていた。
今週1番のビックリはそこだ。
洗濯物は干してあったけど、あんだけ散らかしたのを片付けるって
普通に何週間もかかりそうなのに。
台所も綺麗に片付けて・・・
テーブルの線をひっぱってたの・・・
それを見つけた、ぶちょお・・・

いや~やっとメデタシメデタシか!??

でも、豪徳寺、関係ないんでしょうか?
ぶちょお、ホテルで「台湾」の建築の本読んでたの・・
悩みごとは、ホタルとのことだけじゃなく、何か仕事でもあるのよね?
豪徳寺が、台湾支社にでもいて、そっちの話かと思ったけど
豪徳寺はただのファンサで出てきたのかなぁ?

来週、まだ瀬乃がいる・・・
早く、NYに行きなさいよね~。
しかし、NYに行くことは「適当」なのかなぁ。
先週瀬乃が自分で言ったのは本人だからいいんだけど
超第三者に「適当」っていわれたくないよね。
ホタルは、瀬乃のいう「適当」を、自分の都合のいいように適当と解釈したけど
瀬乃のNY行きって、人生経験と、これからの仕事のためにはすごく大事なことだと思う。
適当な気持ちで、NYに仕事に行こうとは思ってないよ。
世間的には「定職につかない30歳近い人間=適当」なので
瀬乃自身も適当といったのかもだけど
ホタルや二ツ木のいう適当とは適当が違う。
「いいわね、好きなことばかりやって」という空耳がたくさん聞こえ
思わずカチンときた、人生適当な女がここに・・ 

というわけで、やっとふわんほわぁ~んと楽しんだホタヒカ。
二人の絆が壊れることはないけど・・・
あと2話。最後まで・・・・何かある??



追記:全然関係ないけど、ホタルとぶちょおのような雰囲気が・・めちゃカワイイ→
関連記事

あいさん、こんにちは!
部長とのチューは見れないと思ってただけにビックリでしたが
濃厚じゃなくてあっさりのチューが良かったですねえ~。

>悩みごとは、ホタルとのことだけじゃなく、何か仕事でもあるのよね?

そうみたいですね!
今度は部長になにか波乱がありそうな・・。
もしも無事に結婚まで漕ぎ着けたとしても
何かで引っ張らないと次のネタが必要ですもんねえ・・。

>瀬乃のNY行きって、人生経験と、これからの仕事のためにはすごく大事なことだと思う。

経験と向こうの空気を勉強してくるんでしょう?
いい勉強になりますよね。
それがふらふらしてぇ~という人もいるでしょうが
絶対にプラスですよね。
だから部長も引きとめたいけれど
引きとめられないと言ってましたし。
分かる人にはわかるってことでいいのかな~。
なぜ「適当」という言い方になったのかわからないけれど
本人が言ったから単純に受け取ったのかしらね?

のこり2話なのね。
今回が最終回でも良かったくらいのような出来でしたが。
もう心配事は嫌ですよね・・・

エリさん♪

こんにちは~!!

本当に突然やってきましたね。
カワイイチューでした。

>次のネタが必要ですもんねえ

瀬乃とか小夏とかなく、次のネタ、他のネタだけで11話いって欲しかったです 汗
他の男女にフラフラしなくても、人生いろいろありますよね。

瀬乃のNY行き・・・
多分、一生事務とかコンピュータの入力している人や
実家の伝統ものを受け継ぐ人には必要のない経験だと思いますが
デザイン・アート系の人は、他の人の作品を見るのも勉強だし
瀬乃のように建築関連なら、ブラっと建物を見たり、レストランに入るだけでも勉強ですよ~。

適当は、瀬乃自身は、好きなことをやるとか定職がない人を
世間でそういう表現をすると思っていったと思いますが
ホタルには、言葉の意味そのものにしか聞こえなかったんだと思います。
二ツ木は、定職つかず、無責任でいいね・・みたいな。
経理→人事の彼は、ぶちょおのようにわかってくれず
無神経にでた言葉だと思って、ちょっとカチンときました。

瀬乃はでも、そもそも、ジャージでくつろいだ姿を見て
ホタルが勝手に干物男だと思ったけれど
チャライふりして、かなり熱いし
デザインに対する理想もかなり高そうで
全然干物じゃないんですよね。

今回は、ホント、最終話でもいい終わり方でしたが
まだ見たいのと、瀬乃と小夏を排除して、スッキリした最後にして欲しいです。
あ、二人が画面に映っていてもいいんですけど
あまり二人の問題に関わらないでという感じ。

こんにちは

こんにちは。
先日はコメントへのお返事ありがとうございました。
確かに生田君もジャニーズとして新しい道を作りましたもんね。
生田君は俳優だけど、仁君はまた違う道を切り開いていってほしいです。
ま、今はLAから届くインタビュー映像なんかを見てまったりとしておきます。英語なんで理解するのに時間かかるんですけどね~(笑)

そしてホタルノヒカリ!
おもしろかったです♪
私もこのドラマの魅力は「部長とホタル」と「仕事のチームワー」クだと思うんですよ。
山田姉さんがホタルにアドバイスして、ホタルが桜木さんを見守るっていうのにほのぼのしました。こうやって後輩に受け継がれていくシーンがよかった。
山田姉さんもようやく「らしさ」を取り戻したし♪そもそも山田姉さんが専業主婦をしたら「働きたくて体がうずくんじゃ…」と最初から思ってたけど(笑)

そして部長とホタルもいい感じでした。今回は縁側がないのか…と思ってたいたらまさかのエレベーター!!(笑)本人達は真面目かもしれないけど二人の会話が面白い!

それにしてもホタルはまさか婚約指輪をなくすとはまたまた驚きです。
まぁ、一生懸命さがしてたしね。
探してて現実逃避したくなる気持ちはわかるけど(笑)

そしてホタルが小夏さんに渡した手紙にもびっくり。まぁ笑いましたが。
でも今まで小夏さんが二人にちょっかいを出してる感じしたけど今回は小夏さんが振り回されてる感じがしてかわいそう。
あんな手紙もらっても…(笑)

私は瀬野とホタルのシーンも結構好きなんですがなかなか複雑な男心ですね。
でも瀬野は仕事には一生懸命ですよね。
適当かぁ。いろんな解釈がありますよね。
二木さんの適当は定職につかないフリーター
瀬野の適当は組織にしばられず自由である事に感じました。自分のやりたい事をやっていく…みたいな。(あら、仁君みたい苦笑)
でもこれには自分に厳しくないと挫折しそうですね。

そしてラストのシーンはよかったです。
瀬野と帰ってきても何も言わない部長はさすが!
私はキスシーンもよかったですが「俺が君の縁側になる」って言葉にドキッとしました。
ラストは絶対指輪探すと思ったけど(笑)

でも本当に最終回かと思うほど話がまとまったので後はどんな展開になるのか楽しみです。

REIKOさん♪

こんにちは~!

インタビュー映像、結構マメに更新されているみたいですね。
マニュアルがなくなり、淋しいでしょうけど
映像で、しかも、仁が自分の気持ちをしっかり伝えようとしているのは
ファンにとっては嬉しいことですよね。

ホタルノヒカリ、今回、ものすご~くよかったですよね。
やはり仕事のシーンは、すごく重要だと思います。
ホタルが仕事、仕事といって、ぶちょおとの約束を忘れても
実際、仕事らしい仕事をしていないと言い訳にしか聞こえなくて 汗
チームホタヒカ、みんなで仕事するところがあってこそ
ドラマの魅力倍増だと思います。
欲をいえば、ぶちょおの仕事シーンも欲しいですけど。

エレベーターの中の会話、やばかったですよね~。
ぶちょおなんて「ひとり淋しく・・」とかいって
かなりセツナイはずなんだけれど
あまりのテンポのよさに、せつなさに浸る隙なく笑えて・・
ちょっと遅れて、ぶちょお~ってじ~んときたり。

小夏への手紙、小夏はかなり複雑だったと思われますが
こちらは、大爆笑でした。
けど、「一生懸命」「頑張った」「できなかった」という言葉
ぶちょおはじ~んときたというか、そんな思いをさせたのが辛いのと
自分のことが、すごく好きなのが伝わって嬉しかったと思いますが
そもそも、みそ汁とか、数日しかやってないし
今後数十年一緒にいるなら「できなかった」じゃなく
これからじゃん、とツッコミいれたくなったりもしましたが
結局、笑って終わってしまいました。

そうそう、瀬乃と仁くんが、なんか被って
つい、熱く語っていたり・・・ 汗
組織を大事にするのが、古臭くもあり、それが日本の良さであり・・
自分勝手だと非難する人が多いので
自由に生きる決意をした人は、
まず、他人の助けはないことを前提にいないといけないんですよね。
もちろんわかってくれる人はわかってくれんでしょうけど・・
組織で存在するのは、もまれたり大変かもしれないけど
守ってくれる人もあるのは事実。
自由な人が躓いたら、本当に大事な人しか助けてくれない。

瀬乃と帰ってきて、今までだったらちょっとムッとしたのかもですが
小夏への手紙を読み、自分のホタルへの愛情同様
ホタルの自分への愛も深く揺るぎないものだと知ったし
もう外野に動揺する必要もなくなったんでしょうね。
指輪・・ 箱がすぐ見つかったのにビックリでした 笑

あと2回、本当に楽しみです!
けどぶちょおとの別れが、既にツライ・・・ 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/600-87e134b8

ホタルノヒカリ2 第9話

君は一生俺の女だ!また言ってくれましたね。こういうのも「雨降って地かたまる」っていうのかなあ~~

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。