~Club Amour~

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80's

2010 - 05/19 [Wed] - 23:00

~スイス&フランスの写真はこちら~


先週末から80年代ものをTVで見まくっている。

イギリスはBBC2で、日曜夜9時にボーイ・ジョージのドラマと
その後、80年代のミュージックシーンについての番組。

そして、月曜はHEY!HEY!HEY!に安達祐実が出演し
『娼婦と淑女』の映像に藤堂がチラリズムしているというので見ると
こちらは、82年のチャート&大阪の曲だった。

そんなで日英の80年代を楽しめた数日。

イギリスの80年代といえば、なんといっても‘ニューロマンティック’!
仁主演映画『BANDAGE』の監督さん?が、
LANDSがニューロマだなんていってたので、熱く語ったけど(こちら→
結局、その後、グラムとかいって、あれぇ?って思っていたら
なんか、スカだったという噂が・・・!?
自分で見てみないと、なんだかわからないので
DVDの発売を楽しみに待つ。

さて、ボーイ・ジョージがモデルのドラマは
86年にジョージがクスリで捕まり、ドロドロになり
70年代後半のロンドンのクラブBLITZを中心に
自分の人生を振り返っている。(かなり実話に近いはず)
役柄はみんな実名で
ジョージの他には、スティーヴ・ストレンジ、スパンダー・バレエ
私のビリーさんもいました♪
BGMには、スージー&ザ・バンシーズやヴィサージ、カルチャー・クラブ・・
懐かしい! すご~く懐かしい!
そうなの! 私の来たかったロンドンは、これなのよ!!
あ~この時代、生で体験したかった。
あと、10年早くロンドンに来れていたら・・・・
ま、そしたら、ボウイやストーンズが売れる前の60年代とかの映像を見て
あと、10年早く・・と同じことをいっているだけなんだろうけど 笑
とにかく、ニューロマというのは、私にとって非常に思い入れが深いもので
このドラマは、すご~く嬉しかった。

そして、その次の番組は・・・
80年代の映像とともに、当時活躍したミュージシャンと業界人のインタビュー。
UKの80年代は、ニューロマで始まるので
さきほどのドラマに出ていた人達本人と関係者。
こういうニューロマを振り返る時に必ず出てくる人々です。
スパンダーのギャリー・ケンプとトニー、デュランのニック、
スティーヴ・ストレンジ、ミッジ・ユーロ、フィル・オーキー、マーク・アーモンドetc
当時を楽しく語ります。
ドラマも嬉しかったけど、当時のPVもかなり嬉しい。

ニューロマが廃れつつある頃、AIDSが流行り始めた。
今までのロックとS●Xを重ねた音楽が流行らなくなり
パンク→ニューロマと続いた、奇抜なファッションも流行らなくなり
もっと親しみやすい‘Girl Next Door’の人々が流行り始める。
そこに、カイリーとジェイソン・ドノバン、バナナラマなどがでてくる。

それとは別に、サーチャーさんの影響による80年代の女性の社会進出。
「突然、女がみんな働き始めた」と
当時の女性のオフィス用スーツのファッションショーの映像も。
サッチャーの存在によって、世界のどこよりも早く
マドンナはイギリスで成功をおさめたともいっていた。
この流れから、90年代にはスパイス・ガールズが出てくると。

さらに、イギリスで忘れてはいけないのがジョージ・マイケル。
ワムは、活動期間は数年。ものすごく人気絶頂の時に、突然解散した。
ワムのマネージャーがインタビューで
「最初は、ワムの曲に違和感を感じずに歌っていたジョージ・マイケルだが
しばらくすると、自分のやりたいことというのが明確になってきた。
とにかく、彼は今すぐにでも、ワムをやめた方がいいと思った。」
というようなことをいっていた。
その後、ジョージ・マイケルがでてきて
「僕は壊されたくなかった」

この言葉をきいて・・・・
KAT-TUNデビュー当時
テレビで仁を見ながら「壊れないように」と思っていたのを思い出した。
留学当時、旧ブログにいただいたコメントに
‘ホンモノと呼ばれる人達は、つぶれない’というようなのがあったけど
ホンモノでも、使い方が悪ければ、輝きそびれるし壊れると思う。

日本の有名人は、プレッシャーにも負けず、異常なスケジュールにも負けず
輝き続ける人もたくさんいるので、
そういう人が英雄化されるし、それが大和魂であり、日本人の底力なのかもだけど
やはり、どんな才能も発揮できる環境がマッチしてだと思う。
才能を充分発揮できる環境に巡りある運も実力のうちといわれれば、そうだけど。

デビュー当時の仁は、ジョージ・マイケルとは違い
音楽性が云々ということで、壊れそうにみえたわけではないけれど
今回、LAに行って、自分の音楽性はますます追及されていくと思う。
その時、彼にはどういう結果が待っているんだろう?


さて、HEY!x3の82年は・・・
82年の5月というと『2年B組仙八先生』が終わって
シブがき隊が『NAINAI16』でデビューした頃だと思って楽しみにしたけど
でてこなかった・・・ 涙
でも、トシちゃんの『原宿キッス』が懐かしい~。
そして、中村雅俊の『心の色』名曲だわ~。
この曲が主題歌のドラマもよかった。
大橋純子の『シルエット・ロマンス』も良い曲。

大阪の歌は・・・
大阪ナイトクラブがなかった。
宗右衛門長ブルースがないのも・・残念 笑
大阪の歌、いろいろあるけれど
どうも私のイメージは、ムード歌謡と演歌なんだけど~。




BANDAGE バンデイジ  豪華版DVD 2枚組 (本編DVD+特典DVD) <初回限定>BANDAGE バンデイジ 豪華版DVD 2枚組 (本編DVD+特典DVD) <初回限定>
(2010/07/23)
赤西 仁北乃きい

商品詳細を見る
関連記事

他とは一線を博したブログなので、いつも楽しみにしております。

今回のアップにも頷くこと多く、コメントしたくなってしまいました。

大和魂とは、KAT-TUNでいえば、まさに亀梨君ですよね、
期待に応える活動が出来る。
嵐とか、個々に突出した才能を持っていたとしても、与えられたことに従順になれる。
仕事としてわりきって、ある意味自分をコントロールしなきゃいけない面の方が多いとしても、誤魔化す事(足並みを揃える事)をしなければならない、もしくは自分の中にこれといった確固たる譲れないものが生まれては、いや探してはいけないのかもしれない世界なんでしょうね、日本人、ジャニーズ。タッキーの今と翼君の今みたいな(怒られそう・・)

話はそれましたが、5人のKAT-TUN、うまくやってますよね、戦略なのか、
仁がいなくて皆が気を使わなくて良くなった分自然に生まれた雰囲気なのか(笑)仁亀という呪縛から開放されて他メンが生き生きする5人のKAT-TUNを見たジャニ素人の主人が、「おっ、いいじゃん。Aは合ってなかったよね、今までは悪い意味じゃなくてどっちにも良くなかったんじゃない?」と一言。あ、言っちゃった?みたいな(笑)
私は仁がKAT-TUNに居るのも好きですし、もちろんソロなんで惚れ惚れしちゃうんですが、6人はやはりギリギリな感じは受けてました、何か見つけつつある・見つけたいと思っている仁だけ突出しちゃった感が、ジャニグループの流れに身を任せてないなと。
だからといって、ソロになるほどの器でもないと思うんですよね~(確かに突出した才能や容姿や雰囲気は持っていると思い、惚れ込んでいるんですけど)ましてやジャニーズから独立なんて絶対やめたほうがいいと思うし。だからこそ、行ったのだろうし、結果として10月以降どんな先が待っているんだろう。仁には何が見えてくるんだろう。世間・世界はどう評価するんだろう。私たちの目にはどう映るんだろう。ジャニーズも彼の使用方法(笑)を探りながらなんでしょうね。仁亀シンメを見るとやっぱりきゃぁ~となる私ですが。矛盾してますね(苦笑)アラフォーのつぶやき長々と失礼致しましたv-29

きょうこさん♪

KAT-TUN話しはめっきり減ってしまっているブログですが
読んでいただいて、ありがとうございます!

>大和魂とは、KAT-TUNでいえば、まさに亀梨君ですよね

そうですね!
もしかしたら、単に彼のしたいことと、
事務所・ファンの求めることが一致しているだけかもですが
どういう状況になっても、求められる以上の結果を出そうと頑張りそうなイメージです。

ただ、性格だけではなく・・・
書き始めて途中になっている記事があるんですけど
先月の少クラを見てから書き直しをするべきと思いそうで放置していますが・・・
亀ちゃんは、目的が「エンターテイメント」「誰かを楽しませる」であれば
音楽にこだわりのある仁よりは、今の状況を受け入れやすいのかなとも思ったりもします。

聖はどうなのかなぁと考えてもみたり。
突然、やはりラッパーになりたいと、事務所を辞めることになっても
私は全然不思議じゃないんですよね。
翼くんも、彼が自分でどう思っているかはわかりませんが
彼のダンスに見惚れる度に
デビュー前に、さっさと事務所を辞めて
ダンサーになった方がよかったんじゃないかと思うこともあり・・
私は、音楽や芸術を作る人にこだわりがあって当然と思うので
1つに専念したいなら、した方がいいと思うんですよ。

本人にこだわりがなくて、事務所の方針でも
ツアー中にドラマされるだけでも、なんか半端な感じもしたりするし。
まぁ、それならアイドルなんて見るなって感じなんですけど。
Kinkiは二人だからかもだけど、いい感じに個人の仕事も専念できてますよね。

仁のソロは・・・・
事務所にいわれ、やりたくない仕事をするよりも
実は、大変なこともあると思うんです。
仁のインタビューを読むと
日本と違って海外は変なしがらみに拘らず
可能性を伸ばしてくれると信じているっぽい感じですが
アメリカもイギリスも、日本とは違う面倒なことがあると思うし
ダメと思ったら、切り捨てるのは早いだうし
子供の頃から一緒の仲間といて、いきなりソロになったら・・・
その時にしかわからない、仲間の大切さというのがわかると思います。
氷室京介がソロになった時の心情、
仁もどこかで読んで欲しいです。
まぁそういうのを全部覚悟の上で
自分が表現したいものを作りたい、と思うなら
本当に頑張って欲しいです。

だからといって、KAT-TUNは5人でいいか?といわれたら
やっぱり6人がいい、というか、仁がいないのは嫌なんですけど。
私でさえ、矛盾しまくりなので、仁担さんはもっと複雑だと思います。

とにかく、LA公演を成功させ、半年間、アメリカで頑張って欲しいです。
その後、彼が決めることなら、多分どんな結果でも受け入れると思います。

事務所は・・・
壊さないように、より一層輝ける場所を探してくれてるんだと信じたいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/575-b1778e1a

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。