~Club Amour~

2年が過ぎて・・・

2010 - 03/23 [Tue] - 20:51

DAZED & CONFUSED JAPAN ( デイズド・アンド・コンフューズド・ジャパン ) 2010年 04月号 [雑誌]
FINEBOYS ( ファインボーイズ ) 2010年 04月号 [雑誌]
BEST STAGE ( ベストステージ ) 2010年 04月号 [雑誌]
ヤマトナデシコ七変化 フォトブック

ヤマナデの余韻に浸りたいところだけど
土曜にお友達がわざわざニッカンを買って送ってくれたので
読みながら、いろいろ考えたり・・・
『一瞬の風になれ』を見たり・・・

今回の新聞の記事は、あきらかに博貴の変化が感じられた。

2007年に『PLAYZONE』で‘仮復帰’
博貴の復帰に合わせたような内容のショーだったけど
研修生のインタビューなどはほとんどなく
「与えられたチャンスをただ一生懸命頑張るだけ」のような発言があっただけ。

2008年1月‘本格復帰’
『一瞬の風になれ』の出演が決まる。
社長様のお話では、元グループに戻ることはなく
仕事をみながら、ソロか新グループか決めるという感じだった。
そういいながらも、NEWSコンに出没したので
ファンは、社長の言葉は「まだ何も決まっていない」と受け取った感じで
あんなことをいっても、グループ復帰もあるのではないか?と期待。

その後、春から『おせん』に出演して
一瞬・・の時以上に雑誌に載っていたけど
ドラマの撮影現場の話の他は
基本的には「与えられた仕事を頑張る」という感じだった。

夏には、エイト魂に出没し「最高で最強のエイト」なんてしてくれちゃったので
やっぱり、ファンのあきらめは悪くなる。

年末からソロのコンサートが始まる。
この時点でも「今できることを頑張る」ような発言。

お正月明け、博貴の謹慎からず~っと続いていた
たっちょんの「8→1」が消えたらしい。
事務所に言われたのか、なんなのかと、いろいろ噂は流れていたのと
その後、エイトのPUZZLEが意味深だったけど・・・
今思えば、もしかしたら、博貴自身に前に進もうという意思が見えた
たっちょんの配慮だったのかも?

お正月の後、春にまたソロコン。
夏にはプレゾン、冬にまたソロコン・・・
プレゾンもQ?とのツアーもすごく楽しそうだったし
ギターや作曲などに興味を持ち、積極的にやっていきたいという意思は感じられたけど
まだ、与えられた仕事を一生懸命やる・・という雰囲気だった。

しかし、今回。
博貴は‘自分がやりたいこと’として発言している。
今までの受身な感じから、とても変わったような気がする。

舞台が終ったら1発めはライブをやりたいなと思っています
またツアーもやりたい。
俳優もやりたいですね。
ドラマはもちろん、映画にも出てみたい。


映画というと、お正月明けに、某映画に出る噂が流れていた。
多分、またまたガセだとは思うんだけど、あの映画は絶対ダメ!
年もとり過ぎているし、イメージ合わないし・・・
原作ファンにどんだけ叩かれるか? というか、私も原作好きだった。
相変わらずキャスト発表がないので、気になってしょうがない。

それに、映画よりは、今はドラマでお茶の間に顔を覚えてもらうのが大事だよね。
本当は、CMが決まったら嬉しいんだけどなぁ。
映画だったら『K-20』の小林少年のようなポジションの役がいい。

そして・・・

関ジャニ∞やNEWSとはないな。
新しい道を俺は行ってるから。


この言葉。
博貴が今歩いている道は充実していて
復帰した頃よりも、自信と希望に溢れているような気がする。

と思って、週末『一瞬の風になれ』を見始めた。
2年の間に、すっかり胸板が厚くなっている~ 笑
まだまだ身体が薄かったのね。
顎の下に肉もついてないし・・
まだ2話しか見ていないけど・・・
当時よりも、素直に楽しめる。

あの頃は、毎日の視聴率も気になったし
久しぶりのドラマで、演技とかも勝手に心配したし
原作者とのトラブルもあったので
一体どんなことになるのか?と心配だったし
実際、始まってみたら、あまりにも飛ばし過ぎていて
原作の感動が、あれぇ???って感じだったし
結局、最後は、ああそういうところに拘ったのかと思ったら
とても良いドラマだったんだけど。
そして、何よりも、まだまだ不安だった博貴の復帰、
このドラマの後は、どうなる?? なんて思って見ていた。

今見ると、面倒くさいことはほっといて見れるし
安定している今は、純粋にドラマを楽しめる。
といいながら、涙を流す博貴や『裸足のシンデレラボーイ』を聴くと
いろいろなことを思い出しながら、やはり泣くんだけど・・
博貴の涙。これは演技だけじゃなく、
やはり復帰の喜びと不安といろいろ混じってるのかなぁ・・という、大泣き。

このドラマの良いのは・・
‘何かに打ち込む’ことの素晴らしさ。
‘一緒に頑張る仲間’の素晴らしさ。
お友達がいないとか、人を信用できないとか
そういう若者が増えている時代に
暖かい気持ちにさせてくれるお話。

そして、全く余談だけれど、ハセジュンがでている。
この後、五十嵐隼士くんも出てくるんだけど・・
『泣かないと決めた日』のイジメコンビ? 笑
五十嵐くんってば、そういえば、ここでも「嫌な子」をしていた 笑
泣か決めの西島に負けないような嫌な奴。
まぁ最後は、陸上部の仲間に支えられて良い子になるんだけど
五十嵐くん。『ROOKIES』のにゃ~のイメージが強いけど
密かに、それ以外で私が見ているのでは嫌な奴(のち改心)役が多いかも。

思いっきり脱線しちゃったけど
まだ博貴を見たことがない人は、
是非、来月の主演舞台『ガイズ&ドールズ』を見てね~!
公式サイトにチケット情報など載っています!
初日と千秋楽は難しいと思うけど、平日ならまだ間に合うかも??


関連記事

あいさん・・・涙
KAT-TUNのこと、聞きましたか・・・?
この状態、どうだと思います?涙
ありえなすぎて混乱中なんですけど・・・。
あいさんにもぜひ今回のことについて記事を書いて考えを欲しいです。
自分の考え方が合ってるのか間違ってるのかももはや分からないです・・・。


あ、ブラマンの感想も待ってます!
私は微妙な感じでしたが、最後の春馬君がかっこよかったので許します笑
泣かないは何か、ありえなかった・・・。
私的に不完全燃焼です・・・。
でも不思議な走り方でしたが藤木さんかっこよかった!笑
要さんとの2ショットはよかったですね~!!
HDDの容量に余裕ができたら急いでヤマナデ見ます!
今タイトル5つしか保存できない状態なので、保存用じゃないドラマなどを見るので精一杯なんですよ~。
早く心置きなく見たい!
でも今のKAT-TUNの状況じゃ快く見れなそう・・・涙

奈々ちゃん♪

朝起きてビックリしたよ~!
後で、記事にするね。

>自分の考え方が合ってるのか間違ってるのかももはや分からないです・・

考え方は、人間がいる分だけあって当たり前なので
何が間違いで、何が正しいかなんてないと思う。
仁に対しての気持ちは、同じファンでもみんなそれぞれ違うしね・・
今日と明日と考えが変わるだろうし・・
10月により多くの人が、これで良かったと思えればいいんじゃないかな。

ブラマンは、最終回、すごく楽しみにしていたけど
なんかやっぱりビミョーで、感想を書く気が失せたのよ~。
そして、もう今、それどこじゃないよね 汗
泣かないと決めた日は・・・
奈々ちゃん的には、ありえなかったか・・
まぁね、あんな女に出会わなければ、理解不能かもね。
万里香に罰があると、みんな思っていただろうし。
私、もっとすごいの見ちゃっているので
ああいう変な人は、それが好きなバカ男と
勝手にやっててって感じで・・ 笑
藤木・要と超カッコよかったのでヨシ。


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/561-f13be466

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード