~Club Amour~

華麗すぎる愛人?

2007 - 04/12 [Thu] - 18:18


華麗なる一族 DVD Box 7月6日発売 予約受付中

あ~カッコよかった~!
やっぱ木村拓哉はカッコイイよ
激萌えした。カッコイイ!

最初の4話見た時は、まぁグダグダとぬかして
それでも前向きにドラマを楽しもうと思った。
しかし、5話、6話・・と、サメサメ~のモードになってきて
津川雅彦の出番が少なくて、スネたってことで片付けようかなぁ~
もや~ん。つまら~ん・・・ とまで思ったりしたんだけど・・

何故か、突如。本当に突如、8話の後半から萌え始めた。
理由は・・・わからん。いきなり、ヨ~シと熱くなってきて・・・ボッ!
やっぱキムタクはカッコイイ!あ~カッコよかった。

しかしカッコイイのも、今回はちょっと?なこともあった。
最終回が終わった直後のブログに
「何故、鉄平は死んだんだ?あの性格じゃそう簡単には死なないような?」っていうのを見かけてた。
その疑問への答えのほとんどは「時代が違うんじゃ?」とか
「親に生まれない方がよかったっていわれたら、どんな人も・・」
時代の方は・・どうなんでしょ。今でも自殺するよね。
で、後者の意見なんですが・・・ 確かにそうなんだけど・・
ここでの大きなポイントは・・ 木村拓哉だったから疑問が深まったような?
だって、本当に苦しいはずの父との戦い、裁判、無残な負け、
挙句「うまれない方が・・・」・・ 苦しいよね。辛いよね。
が、しかし!カッコよすぎる木村拓哉。
常日頃、どんな苦労も、苦しまずにやってのけちゃう木村拓哉。
それが、このドラマの「なんで死ぬの?」感を倍増させちゃったような気がするんですが・・

そして・・・ このドラマの私の一番のビックリは・・
‘万俵大介が人間だった’ということと・・・
愛人があくまでもカッコよかったこと。

劇場版は、も~っとも~っと残虐よ~。




ないものはない!お買い物なら楽天市場
エース損害保険・海外旅行保険/海外旅行保険のAIU保険/キーチャーム


華麗なる一族 劇場版


まず、万俵大介。
今回のドラマでは、鉄平が死んで自分の子だとわかった時、悲しかった、辛かった。
途中でも、大介の葛藤はあちこちで見えた。
じいさんに女房寝取られちゃった哀しみ、苦しみ、悔しさ・・
いろいろ人間的な感情が見えた。
そして・・最後は
鉄平の夢だった高炉建設を再開させ、遺影に高炉の火が灯るのを見せたり・・
な~んだ、大介も人の子じゃない! 涙、涙・・・ ですが・・
劇場版の方は・・ 時間がなかったからか、主役があくまで大介だからか・・
じいさんとの男の戦いは感じられたけど
人間として、親としての複雑な感情は薄く・・
あくまで、冷血で野心にまみれた銀行家。
鉄平が死んで、自分の子供と判明した瞬間、
ギョッとして、取り返しのつかないことをしたって顔はするんだけど
それで終わり。泣くこともなければ、もう遅いし・・みたいな雰囲気。

それから、高須相子さんの方は・・・
70年代と今の時代では、妾・愛人の社会的イメージが違うのか
京香さんを最後まで、美しくカッコよくしたかったのか
愛人の最後が、あまりにもあっさりしてしまったドラマです。
劇場版の方は、惨めです。妾というのは本当に惨め!
大介に小切手とともに別れを告げられても
そう簡単には引き下がれない。かなりみっともない最後。
言葉が・・・ 超縋りついているって感じ。
そして最後には、奥様にサラリとひと言いわれるんだけど・・・
これがね、公家出身の穏やかな奥様に悪気があったのかどうかわからないけど
そのひと言が、愛人にはとても辛いひと言。
高須相子もやはり女だったというか・・・グッサーっときてました。
相子がきてから馬鹿にされっぱなしで辛い思いをした奥様も
この瞬間に、今までのすべてを仕返しできたって感じ。

今の時代は、愛人が昔ほど顰蹙ではないんだろうけど・・
やっぱり、愛人はよくないぞ!惨めだぞ!と伝えてもよかったんじゃないかな?
っていうか、何話かで相子の弟がでてきて
普通のしあわせがどんなにしあわせか懇々と語っていったし
相子も通りすがりの小さい子を見て、カワイイなぁと思っていたシーンもあったし・・
う~ん、なんで最後はあんなにすんなり別れたんだろう?
やっぱ京香さんに、最後の惨めな愛人を演じてもらうのが嫌だったとしか思えないな。

あ、私自身は愛人になんの恨みもないんだけど
なんか劇場版の別れのシーンの方が好き。
どんなに強がっても所詮女って感じがね。

そして、美馬様は・・・
仲村トオルと田宮二郎じゃ、あきらかに顔は違うんですが 笑
仲村トオル!すごい!負けず劣らずカッコイイです。
全く同じような感じで、パーティ会場に登場するんだけど
いや~、仲村トオル。本当に何故あの顔で、あんなにカッコイイ!
番宣に出てるの見たら、ボーっとしたそこらのオヤジみたいな顔してたよ。
マジカッコイイ。木村くんよりカッコイイ。

ちなみに劇場版は、なんと4時間です。
ドラマは10回で、CM分を差し引くと、8時間ぐらいなんでしょうか?
ざっと2倍。2倍分の違いはなにかというと・・・
「ふさこ」・・ この存在、劇場版はゼロで、ドラマもなくてよかったんじゃないかと思いました。
あとは、裁判。劇場版は、法廷に行く前に、取り下げになっちゃって、あっという間に自殺なんですよ。

それから、万俵大介の人間らしさと、鯉もなかったなぁ。
鉄平と銀平との兄弟愛もなかった。
ドラマの兄弟はよかった~。
銀平の兄は尊敬して、すごく好きだけど、父には逆らえない・・
この葛藤がよかった。これはドラマの感動のひとつ 涙
ただ、劇場版はも~っと銀行と大蔵省のゴタゴタがあったのと
鉄平と三雲頭取の絆がもっと強かった。

あ、そうそう!すごく大事なのが・・
総理さんとことの閨閥に関わる女性、小泉元フランス大使の奥様!
この人が・・ 劇場版では、高須相子を小ばかにする発言するの。
このヨーロッパとアメリカの差というか 笑
これがドラマになかったわ。
馬渕晴子さんに、あの素敵な顔でグサっといってほしかった。すごく残念。
基本的に京香さんは悔しい思いをしないのね。
やっぱキレイ過ぎたせいか?でも時代かなぁ?脚本家のセンス?

まぁそんなわけで、今回のドラマかなり萌えましたが
最後の最後は劇場版の方が、ドロ~、グサ~で、私は好きかも。
興味のある方は、劇場版見てね~。
山本陽子さんや酒井和歌子さん他、女性陣がすご~く素敵です。




関連記事

本読んだ者としては、鉄平が三雲頭取を巻き込んでしまったことにすごく苦悩してて
自殺前にそのをもう少し触れて欲しかったかな・・
あと、相子と美馬の間に色系が少し入るんです
で、銀行合併が確実になりつつあると美馬が
相子に追い出される前に出てったほうがいいって言うんですよ
これからは今までの万俵じゃないって。
相子がギクリとするんですけど。笑
華麗の最終回は泣きましたよ、あたし。
でもこの役もらった時に初めて「逃げ出したい」って思ったそうですキムタク。
慎吾くんがやってる番組で言ってました。
鉄に情熱って言われても簡単に持てるものじゃないし・・
かなり悩んだみたいです。
さすがキムタクだと思いましたよ。

ゆきんこさん♪

原作も、鉄平と三雲頭取の関係熱いですね~。
あの2人の関係、かなり重要だと思うんですが、なんかサラリとしてましたよね。
華麗なる・・ 私も泣きました。
自殺の前ぐらいから、どんどんきて・・・
でも最後の最後は、相子もっと惨めでいいんじゃ?とか、冷静に戻ったけど 笑

木村拓哉はカッコよかったけど
なんか彼の番宣は、私的には見ない方がよかったかなぁと思うのが、いくつかありました。
慎吾ちゃんのは、いろんな人がでてきて
どんなに木村拓哉がすごいか語ってるやつですよね? 爆
松のコメントがおもしろかった。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/56-84f43281

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード