~Club Amour~

不毛地帯&宿命

2010 - 03/15 [Mon] - 00:24

不毛地帯 DVD-BOX 1不毛地帯 DVD-BOX 1
(2010/03/17)
唐沢寿明

商品詳細を見る


壱岐くん、終っちゃった~!!
最初は、なんだこの人?って思っていたけど
気が付いていたら、ものすご~く熱くなって見ていた。

宿命の最終回は、ほとんど奥田瑛二のPVとして見ちゃった。
めちゃめちゃカッコよかった~!
そして、いきなり黄川田将也くん写真出演!

長い感想は続きから・・・・

不毛地帯
最終回になって、最初のシベリアのシーンを見ると・・・
苦しみが何倍にもなってくる。
1話で、シベリアシーンが回想になっていたのが、やはり残念。
すごく重い話で、そのせいで脱落した人が多いらしいけど
いっそのこと、1話まるまるガッツリやってくれていた方が
その後の壱岐くんの気持ちがわかりやすかったかも。
最後になってやっと、こんなにお国のことを考えてたのね・・って感じ。

しかし、俳優さんが素晴らしいのもあるけれど
半年も見ていると、いろいろな人々に愛着がわいている私。

壱岐くん(唐沢寿明)

女に対しての態度が、自分勝手なところが??だったのと
あまりにも淡々としているので、イマイチ魅力にかけると思っていたわりには
いつの間にか、壱岐くんの応援をしていた 笑

しかし、やはり、ここまで社長を追いつめずに、
辞めてもらう方向に持っていくとかできなかったのかしら?
彼の思いやりって、どうもいつも相手に伝わりにくいのね。
まぁドラマの盛り上がりとしては
最後の大門社長説得シーンは素晴らしいので、そのためってこと?

大門社長(原田芳雄)
見ている時は、いつも「壱岐くん」「壱岐くん」とオロオロしているイメージだったけど
こうやって振り返ってみると、実は、で~んとした男じゃない?
壱岐くんのいうように「名実共に充実した」社長だった。

2人で仕立て上げた会社・・・ 
といって里井くんにすがろうとする大門社長がかわいそうだった~
壱岐に説得され、実は壱岐が自分と会社のことを考えていると知り
「壱岐くん、退陣や!」・・・うわぁ~ん
最後の挨拶「ほんまにおおきに・・」に号泣


里井くん(岸辺一徳)
途中で、里井くんが狂乱していたのが懐かしい。
壱岐くんが淡々としているのが、余計目立っちゃって 笑
最後、大門社長を置いていってしまったのは・・・ どんな気持ちだったんでしょう?
壱岐くんと社長の会見を覗きながら、何か思ったふうであったけど
純粋に、もう戻れないから用はないってことなのか・・
壱岐くん同様、今が引き際と社長のことを考えてのことなのか・・

角田くん(篠井英介)
里井くんが会議室に入って来た時の驚きの顔が最高だった~!!
角田くん、実際に同期とかにいたら「ゴマすりやがって」って思うのかもだけど・・
イザ、自分が上に立って、毎日角田くんのように
食べ物もスケジュールも、全部考えてくれて、
気分が良くなるように、心遣いもしてくれたら
やっぱりありがたいと思うのかしらね・・・
こういう人達って、女房子供よりも、尽くしてくれるし。

こういう上に取り入っている人間というのは
現実には、どの辺まで上りつめるのかしら?

兵頭くん(竹野内豊)
本当によく働いてた。超カッコよかった
落札が決まった時、オリオンの社長と抱き合ったシーンが最高だったわ~。
最後の懸けにでた、リーガン社長もよかったね。
あれ、日本人と仕事してたら、最後なかったかも。

あと、兵頭くんの見どころとしては
壱岐くんがロシアでの思いを語った時とか
最後に退陣する話をした時の兵頭くんの顔もたまらなかった。
壱岐くんが信頼する部下って感じがよく出てた。

鮫島(遠藤憲一)
毎週、毎週、鮫島の執念深さ、ずうずうしさが、ドラマの楽しみだった。
石油は結局負けちゃったけど、あの根回しの良さとか素敵。
1番イカしていたのは、ちゃっかり酒飲みながら温泉にはいっていたとこかしら?
いや、最初に、飛行機で負けた時に暴れていたところか?
最後にやめるな~! ってオロオロ叫んだサメちゃんがかわいかった。
それを聞きながら、笑っている壱岐もよかった。
なんか、いろいろあったけど「良いライバル」って感じがでてた。

田原(阿部サダヲ)
この人も、よく働いていました。
「真実を伝えるのが報道」って感じがヒシヒシと。
今の新聞記者もテレビ局の人も、ちょっとは見習えよ~!

田淵総理の「黒いピーナッツ」・・・
ロッキードど額は違うけど、逮捕されないのかしら? 
田原なら、どんなに壱岐くんに恩を感じても、見つけたら記事にしそう。
今の日本も早く悪魔退治して欲しい。

千里(小雪)
結局、壱岐くんの娘と息子に紹介されずに終ったっぽい 笑
この人の部分をまるっきりカットしてくれた方がおもしろかったんじゃない
と思って見続けていた挙句・・・

「これまでのことは今日限りにして欲しい」
って、いくらなんでも、はぁ?? 壱岐くん、本当に勝手!
千里、40過ぎてるんだよ~。
あの時代に40過ぎた人に‘女としての限りない将来’とかあり??って思ったら

千里の「待ってるから」に、壱岐くんが微笑んだのに
なんとなく、彼らの長い歴史が感じられたのでヨシかしらね。
しあわせも恋愛も、ひとそれぞれってことで。

紅子さん(天海祐希)
天海さんのファンが、半年間で出演時間30分もないかもって数えていた 笑
出番・・ 少なかったよね。
まぁ出てくると、必ず良い仕事をしていくんだけど・・
「なんでも知っている」「全ては思い通り」な感じじゃなくて
もうちょっと彼女もあれこれ画策してくれたらおもしろかったのに。

そして、最後に謎なのは・・・
次の社長が誰かは、まぁ「これからの人達」が決めるということでいいけど
前に里井くんと争っていた、一丸くんは、いつの間にか消えていた・・
壱岐くんが副社長になる頃に、やはり子会社に出向させられたのかしら?

NYの駐在員達も、揃いも揃って長い。
壱岐くんがNYに行く前からいて、壱岐くんが2年ほどNY駐在してもいて
油にとりかかって、落札から3年8ヶ月。
帰国から油に関わるまでの期間、油が始まってから落札までの期間を足す。
壱岐くんが行った時点で、既に慣れた様子も考慮すると
みんな10年は駐在している・・ 
昔の人は長かったのか・・ ひとりぐらい、何故か長い人はいても、3人も・・?
まぁでも、千代田自動車の話が決まったし、よかった、よかった。

で、こんなに感動しながらも、最後のシベリアで泣きながらも・・・
先日、別館にブツブツ書いたリスカ系の人達
シベリアで働かせられたら、リスカしてるヒマも必要もないよな
って思っている自分に気付いた。
こういういろいろな犠牲があっての、現代に生きる私達のしあわせ
もっと自分の人生大事に生きないと。

宿命1969-2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京
結局、有川美奈(真野響子)が、どうしてそんなに政治にこだわるのか?というか・・
そもそも、どうして学生運動にのめり込んだのか?
権力の何が気にいらなかったのか?社会をどうしたいのか?
というのが全くわからないのが、このドラマが
強欲なヤリ○ン女とそのママの思い通りに生きたいマザコンの話になったポイント。

「私の40年はなんだったの?」っていうけど
お家に帰ったら、とっても大事にしてくれる優しいご主人(田中健)がいて
ママ大好きな息子その1(北村一輝)と、その2(細田よしひこ)がいて
どっちも優秀で、みんなに囲まれて、とってもしあわせじゃないね?
どうして、これで満足できないのかしら。
やはり、この女の根底がわからないと、わからないドラマだわ。

最終回。女達、すごかった~。
いつもほわぁ~んとしている白井の奥様(松坂慶子)
やはり、いつものように、ニコニコ、おっとりしたまま
「これがあなたが40年の間求めてこられた世界なんです」
って、心の底から見下した感じがよかったわ。
有川ってば、どんなにお金持ちになっても、所詮金だけ・・みたいな。

いつも地味な白井の次女・亜希子(藤井美菜)
「お姉さまの結婚と同じなのよ。自分だけいい人ぶらないでよ」
将来、総理になる男を支える決意でもついたんでしょうか?
毎日、お姉さま~と慕っていたカワイイ妹ではなくなっていた。

宣子(小池栄子)は、中国人のスパイの写真を見つけてどうするのかと思ったら・・
ビックリでしたね~。
またそれで強請ったりしたら、ちょっと惨めだったけど
大胆にいきました。

「これで潰れるようなら大したことないわよ・・ 頑張って」
なんかカッコよかった。
NYでの仕事も決まって、これからバリバリ働くのね。
彼女が最後カッコよく終ってくれたのが嬉しい。

で、肝心の崇は、終る気はなく、お嬢様と一緒に闘うみたい。
なんか、ママの政治に対する執念はさっさと片付けて
ここからがおもしろかったんじゃないのかしら?
北村一輝に求めたのは、こっからの活躍あってことよね。

それにしても、庶民は気楽でいいやって思えるドラマ。
っていうか、そもそも、純ちゃんぐらいだったら総理になって本望かもだけど
毎日変わる日本の総理大臣になって、なんか意味あんの?って感じ。


関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/557-bdd550a2

不毛地帯 音楽

London Night 不毛地帯&宿命 DBEER`S DAY: 身体さんありがとう しずくの空: Coppa di Kyoto 速度は一つの力: 賀茂彦-小さな感動- 「不毛地帯」が最終回でした!:見返り文庫:So-netブログ 火9ドラマ「泣かないと決めた日」第7話の感想! REVOGENERATION ... Sun, Ma...

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード