~Club Amour~

すばる

2009 - 02/26 [Thu] - 20:12

~ラブ・シャッフルの感想はこちら♪~

今日は朝から内HIROCKYの当落確認ができてるみたいですね。
行かれる方は、楽しんできてくださいね~

しかし、さすがに11公演の2ヵ月後では、みんな大変なのか
あちこちで「譲ります」を見かけます。
当たらなかった人、あきらめたけどやはり行こうと思っている方
チケット探しは今からでも遅くないです!
みんなで博貴の武道館祝いをしてください!

さて今日のお題、『すばる』といえば・・・・



森田すばる

森田すばるにひと目惚れしたのは、1981年の春だった。

あれから28年、とても素敵な男性・俳優になったすばるは
ハリウッドのレッドカーペットの上を歩いて、英語でスピーチをしてました。

月曜日は、日本は朝から大騒ぎだったようですね。
こちらは、イギリス勢が大活躍だったので
主演女優賞のケイト・ウィンスレットや
『スラムドッグ$ミリオネア』の監督・俳優さんのインタビューが流れてましたが
後でネットでモックンの晴れ舞台を見ました。
おめでとう!!!

『2年B組仙八先生』で「森田すばる」役を演じるモックンを見てファンになったんですが
あのドラマは、私が好きなドラマの3本に入るので、すごくよく覚えているせいか
まるで昨日のことのようだけど・・ あれから28年・・・・ 
「先生、克也が悪いんじゃない!」と叫んだすばる・・・
夏彦(本田恭章)と克也(薬丸)が回を追うごとに接近していくのを
横目でじ~っと見ていたすばる・・・ 懐かしい・・・

なんか?噂によると、エイトの渋谷すばるのお母さんもファンだったらしい?
すばるの名前は「森田すばる」からとったというのを聞いて、思わずすばるのお母さんのファンかも 笑

ドラマが終わるとすぐに、シブがき隊がデビュー。
『NAI・NAI 16』とか最初の数枚は、必ずレコード屋さんに予約してたわ~。
モックンの地元・桶川ツアーも行ったり・・・
その後、1988年。ロンドンに来てまもなく、シブがき隊解散のニュース。
解散コンサートに帰ろうかと、一瞬企んだりもした。
ジャニーズ辞めて、ソロになってどうするんだろうって思っていたら
コンドームをつるして、紅白に出ていたと聞いて、
本当にモックンってば本当にどうなるの??って心配していたら
『徳川慶喜』になってたり、『ブラック・ジャック』になってたり・・
いつの間にか、すごく良い俳優さんになってる?と喜び
気が付いたら、アカデミー賞外国語映画賞受賞。

しかもこの作品、本木雅弘は演じているだけじゃないんですね。
10年以上も前に『納棺夫日記』という本を読んだモックンが
作家さんに映画化のお願いし続けてていたものらしい。
結局は、許可がおりず、別な作品で・・となったらしいけど
でも、モックンの熱い思いが製作する人達に伝わったんでしょう。

さて、「納棺師」というお仕事にちょっと気になることがひとつ。
最近「二つの祖国」という第二次世界大戦時の日系二世がテーマの本を読んでいます。
主人公・天羽賢治の父親・乙七が、強制収容所内で「死体廃棄人」の仕事をするんですけど
これが多分、納棺師と同じような仕事だと思われます。
その乙七と一緒に働いているのが「ジョー北川」という青年。
この青年は、父親が僧侶で、子供の頃から葬式になれているので
誰もなりてのない死体廃棄人の仕事をしているらしい・・
ん?偶然なのか???
そうです、私達に夢を与え、ハラハラドキドキさせてくれる「YOU」と似てませんか?
日系二世、僧侶の息子・・・ ジャニー→ジョー、喜多川→北川
ジョー北川のモデルは、実はジャニーさん?なんて思ったけど
現在70代のジャニーさんは、開戦当時子供なはずなので、さすがにその仕事はしてないのと
Wikiによると、強制収容所ができる前に、交換船で日本に帰国したらしい。
でも山崎豊子さんは、ものすごく調査をする人らしいので
アメリカはもちろん、日本に住む日系二世達にもたくさんインタビューをしたと思われるので
もしかしたら、ジャニーさんにもインタビューをし、名前だけちょっと登場させてみたのかも? 
なんて、あんな深刻な本を読みながら思っている私だった。



懐かしのシブがき隊の曲が視聴できます~!↓
ピンクの服を着ているのが、すばるのお母さんがファンだったモックン。


関連記事

あい

 内HIROCKYの当選なさった方、楽しんできてほしいね。譲りますと書き込んでる方多いのかぁ。
福岡だったら譲ってほしいけど、武道館では無理だわ。

モックンは途中参加のファンだったよ。
あいさんのほうがファン歴、先だね。
すばる、いい俳優になって、とても嬉しい。
英語も勉強していたのかな?

エイトのお母さんが、モックンのファンだったから「すばる」という名前になさった話は本当だよ。

シブがき隊のレコードは1枚も持ってないけど、
解隊コンサートのビデオは今も大事に持ってます。代々木体育館に友達と一緒に行きました。
原宿の歩道橋とか並木道とかその頃の風景も思い出します。

私もモックンの家、見に行ったよ。
フックンのご実家が、ジェミーズだったかな?
ショップまで行ったよ。妹さんがレジーに、おられました。

NHKの大河ドラマ「徳川慶喜」に主演が決まったときは、びっくり。
彼、本当に企画まで出来るような俳優になりたかったのね。

アカデミー賞外国語映画賞受賞。10年間「納棺師」を映画化するのに一生懸命頑張ってきたんですね。
本当にモックンおめでとう♪

春花菜さん♪

春花菜さんも、モックンファンだったのね。
途中というと、デビューしてからかな?
私は、すばるファンだったわ~。
桶川も行ったんだね。
やっぱファンは考えることは一緒 笑
今だと「ヤラカシ」といわれちゃう行動だけど
私が行った時は、みなさんすごく親切だったわ。
お家の門のところに、訪れたファンが書き込めるようにノートが何冊も置いてあったし。
年々悪質なファンが増えて、どんどんいろんなことが厳しくなっていったんだろうなぁ。

シブがき隊の解散コンサートも行ったのね~。いいなぁ。
私はデビューしてすぐの頃見たきりだった。
その後は、もう外タレのコンサートで忙しくて
日本人はほとんど見なかったので・・

アカデミー賞の英語スピーチは・・・
英語を勉強したというよりは、セリフを練習したという感じのスピーチだったよ 汗
でも、ちゃんと英語で言おうというだけでスゴイ。結構長かったし。

でも、これからのますますの活躍に期待ですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/398-4b6d4657

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード