~Club Amour~

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷室&KAT-TUN ②

2007 - 12/04 [Tue] - 06:19

~ロンドンのマヌケなクリスマスはこちら♪~

先日リン友さんちに遊びに行ったら、
去年のGLAYのTERUくんと氷室さんの対談の番組の時の氷室さんのコメントが載ってました。

日本にいると過保護にされていた。水!とか、ちょっと車出して!とかそういうことが成立していた。で、あるとき自分が何もできないことに気がついた。ちょうどその時LAに仕事で行ったときに真剣に仕事をしている人を見て、何か違うんじゃないか、と思ってLAに住み始めた

あら~なんかこの言葉。仁が帰国した後のインタビュー記事と似てるかも?
そして先日のオリスタのコメント

自分がまだ若かった頃のどうしようもない不安や、焦りや、もどかしさを思い出して、会った事のない彼に心のどこかでエールを送っていました

これと合わせると、なんともいえない気分になるわ・・
壊れそうだった赤西くんと、自分の昔を重ねちゃったのかしら?





いろんな気持ちあっての『Keep the Faith』なのか・・
だって詞も書くって、やっぱよっぽどよね。
ソロになってからはほとんどないし・・・
自分の歌詞がファンに与える影響力のすごさを思って、詞を書かなくなった彼が、
わざわざ他人の曲に詞を書くというのは、
やはりなにかすごく思い入れがあったのではないかしら?
去年のGLAYのコラボ、今年のKAT-TUNへの曲提供。
ここ数年、彼の中でなにか大きな変化があるのか・・・
というか、心の変化に合わせてタイムリーに興味深い仕事がオファーされるんでしょうね。
こういうとこが実力者の証明。

ところで『Keep the Faith』の歌詞は、
氷室さんとSPINさんの名前が連なっているんだけど
どのぐらい、氷室さんが書いたのかしら?そこも興味深いんだけど・・

なんかね・・ 昔の歌詞をふと思い出したの。

~愛さえなきゃうまくゆくのに 身体がなきゃ誰がお前を~
とか
~友達ヅラ 事がおこりゃ 知らん顔で・ 
 やばくなれば ケツをまくる 
 そんな奴ばかりさ・・ 本気は最後の切り札さ~


上のは、恋の話だけど、好きなんだけどマジで好きって思うと
あとで傷つくのが怖いから、マジじゃないって思わないと・・・ って感じ?
下のは、友達との付き合い。
上辺だけの付き合いをうまくしていればいいや。
どうせみんな都合のいい時だけ・・みたいな。
どっちの曲も信用してないんですよ、人間を。
若い時は、そんなもんかなぁとも思うけど
しかし『Keep the Faith』の詞を読むと
友情とか人を愛することとか助け合うこと・・
BOØWY初期の2曲と比べると
氷室京介20数年の人生が感じられるというか・・・ なんだろ?
うまく説明できないので・・ 
ここ読んでいる人は、私がいいたいことを自分なりに解釈してください。

氷室京介・・ 偉大なミュージシャンだけど、彼の人生も簡単だったわけではないのよね。
BOØWYで成功する前もいろいろあった・・・
売れたら売れたで、マネージメントやメンバーとの意見の食い違いもあったり
BOØWYからソロになって、その後も大変だったらしい。
ドロドロになっている氷室を、友達が何度も目撃してて
ロンドンから勝手に心配してた時もあった (遠い目)

(ソロだと)楽しい事があっても共有できない とか
ソロは淋しいとか
TERUとの対談でいってたようだし
解散してからバンドのメンバーの大切さを改めて知ったんでしょうね。
それからLAにいって、自分でいろいろやってみて
人間は人との繋がりがあって生きていけるというのを確信したのね。

トップアイドルなのに、自分探しの旅に出た赤西くん。
もしかしたら、全部失うかかもしれなかった・・
そんなの遠くで眺めながら、昔を思い出して応援してくれてたのかな。
無事にKAT-TUNに戻った仁見て、わがままを受け入れたメンバー見て
『Keep the Faith』書いてくれたよね 涙

私は例の如く、曲からガツンと入って・・・
歌詞は、内容理解しないで、音として耳に入ってきて 笑
詞の内容に辿りつくのに、時間がかかっちゃうんだけど
最初からいい曲だぁ~カッコイイ~って思ってはいたけど
こんなにいい曲だったのね・・ ものすごく遅いかも 汗

To be continued・・・



12月24日発売のCDとDVDです~。予約受付中!

”GIGS” BOX<初回生産限定盤>



”GIGS” CASE OF BOΦWY COMPLETE
関連記事

あいさんへ

 氷室さんの経験上、仁君の気持ち良くわかるんじゃないかなぁ?

氷室さんも昔、仁君と同じような考えでロスに行ったのかしら?

歌詞の意味を考えながら、聴くと更に好きになったよ。

あいさん、エイトの写真集の内君のフォト、まだ見つけられないでいるの。
アンコールのところで出たんだよね?

春花菜さん♪

有名になると、いろんな悩みがあるんでしょうね。
曲を作ることから、プライベートがなくなることとか・・
いつまで続けるのかとか・・

エイトの写真集、私のところにまだ届いていないので 涙
何ページとかわからないんだけど
3枚あるらしいのね。
1枚は、楽屋でヨコヒナなしの他のメンバーと肩組んでるの。
もう1枚は、亮ちゃんと二人で、ステージにあがってくとこ?
もう1枚はステージの上で8人並んでるんだって。
あ~私も早く見たいよ。

Keep the Faithは調子よく届いたけど、エイトの写真集とTOKIOの青春は待ちぼうけだわ。

あいさんへ

 エイトの写真集、あいさんのところにまだ届いてなかったのね。
ごめんなさい。

内君のページは3枚ね。
ありがとう。
あとどのくらいで届くのかな?

TOKIOの青春、いい歌だよね。
今年、最近戦後の高度成長期頃の日本を扱った映画やドラマが多いでしょう?
まだ生まれてないけど、いい時代だったんだなぁと思う。
「歌姫」で、皆さんが着ている洋服を見ていると、懐かしい感じがして好き。

じゃあ、またねv-291

春花菜さん♪

数日前に発送のお知らせがきてたので
来週には届くかなぁと思っているんだけど・・
クリスマスだから郵便遅れるかも・・ 涙
早く博貴の写真みたい。

昨日は青春が届きました♪
ここ数年、日本は景気回復しているので
またあの時代のように上にのぼりたいという気持ちを国民が持っているんじゃないかしら?
ただ、あの頃と今の違いは・・
当時は戦後ということもあり、お互いが支えあうとか、
ひとつのことを目標にみんなで頑張るとかいう気持ちがあった。
変に欧米化して個人主義=勝手にやりたいことやる、が広がった国民は、どう進んでいくのか・・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/197-f749429b

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。