~Club Amour~

Dreamgirls ~ファッション編~

2007 - 02/06 [Tue] - 20:05




見た~!見た、見た、見た、見た、見た~!
ビヨンセ、メチャメチャきれいだった~。カッコよかった~
やっぱりミュージカル映画って映画館の迫力で見なくちゃダメよね。
ビヨンセのアップ。みんなの歌も素敵だったわ~。迫力だった~。

そんなわけで(?)当然ビヨンセ目当てにいった映画なんですが・・・
泣いた~。ボロボロ泣いた~。よかった~。感動した~。
歌にも踊りにも感動。ビヨンセ以外の出演者の歌もすご~くよかった。
そして、60年代の人種差別。ひどい・・・
でも・・なんか基本は今もかわっていないような?
みんな「差別主義者」と呼ばれたくないので、
露骨に口や態度にださないだけで・・・ きっと心の中は・・?
そして芸能界。洋の西東問わず・・・
マネージメントは売り上げをあげたい。
歌手達は歌で愛を伝えたい、みんなをしあわせにしたい・・
この心の対立によって潰れていく人がいっぱいいるよね。
あ~なんかこれって去年の春、
デビューしたばっかりのKAT-TUNを見ながらも思ったなぁ。
というお話は、またあとでゆっくり書きます。
今日はビヨンセの美しさ、60年代のファッションについて
書きたいだけ書くと長くなるみたいなので。

詳しくは続きからどうぞ~


60年代ファッションに身を包むビヨンセ。なんてきれいなんでしょう?
いろ~んな髪形の60年代のファッション。
まず最初。有名になる前のオーディションには
よく昔のカツラにありがちなヅラを反対にかぶって登場。
それからエディ・マーフィ演じる人気歌手ジミーのバックになった時。
ボブの下がクルっと跳ね上がった「これぞ60年代」という髪形。
そして、でっかい付けまつ毛。う、う、う美しい~。
それからは、トップを高くしたゴージャスな巻き髪。
『プレイガール』にでてきそうなショートヘア。
ストレートで斜めにカットしたサイケなショート。
この映画のために10キロもダイエットしたというビヨンセの足は
当時のミニスカートがよくお似合いです。
それで、ガンガン歌って踊られちゃうので、もう失神しそうだった。
ビヨンセ七変化。これで写真集つくってほしい。
日本だと必ず映画のプログラム売ってるよね~。いいなぁ。
あ~でもビヨンセオンリーのファッション写真集がほしい。
『Glamarous』とかで特集してくれないかしら?

60年代のファッション、超かわいいよね~。
こっちのヴィクトリア&アルバートミュージアムでも
60年代ファッションのイベントやってるし、
今年は60年代が流行るのかしら~?きゃ~。
こういう時って、ロンドンに住んでてよかったって思うのよね。
日本じゃいいオバサンがちょっと派手にして歩いていると
白い目で見られたりするじゃない?ここは平気、平気。フフフ。
久々に大っきなつけまつ毛買ってこよう~。髪の毛どうしよう?

デビューから数年後。調子よくトップに上りつめたDreamgirls。
この頃のビヨンセは「マダム」という感じになり
もう超色っぽい。うわぁ~。アップにした髪とアゴのラインが素敵。
帽子もドレスも素敵だわ~。セクシーよね~。うっとり。
70年代にはいって‘ディスコクイーン’と呼ばれるようになった
One Night Onlyを歌う時のケバイメイクもたまらない。
目の上にゴールドちりばめて、超ケバケバ。すごくカッコイイの。
そして、この曲の踊り!うわぁ~!クラクラするほどカッコイイ。
さらに!クレオパトラ姿のビヨンセ。死ぬ~
こんなに美しいのって犯罪だわ~。

ストーリーについてはまた別に書きますが・・
ビヨンセの演じるディーナが、
リードシンガーの座、マネージャーをめぐって嫉妬をするエフィに厭きれた顔
見下した顔、怒った顔。すご~くいい表情。
ちょっと、いやかなり小悪魔的な、他人を見下す微笑み。ゾクゾク。
そして怒った顔で、激しく罵るように歌う姿。カッコイイ~。
かと思えば、売るために手段を選ばない旦那に愛想を尽かし
別れることを告げるためにせつなく歌う姿は・・・ 涙

とりあえず、サントラを注文したので、
届いてしっかり聴き込んでから、公開中にあと2回は見たい。
DVDを買ってもね、映画館の迫力は出ないし。
それにしてもポップスって怖いわ~。
One Night Onlyって・・ レコードなんて買ってないけど歌えちゃうのね。
映画の後は、歌ってスキップしながら帰った。


デラックス・エディション [2CD+DVD]<完全生産限定盤>
関連記事

TBありがとうございました。
60年代からの髪型(カツラ)や衣装の変遷、素敵でしたねー。
それでも、いつでも身体のラインがしっかりわかるピチピチ衣装は共通でした(笑)

こんにちは♪
TBありがとうございました!
「ワン・ナイト・オンリー」のパンタロン姿がすごく良かったです!
メイクもダンスも!
娘と見に行ったのですが、フレーズを口ずさみながらちょっと踊ったりしています(爆)

>たいむさん♪

コメントありがとうございます。
髪形がたくさんあって、見ていて楽しかったですよね。
普段でもスタイルがいいビヨンセですが
いつもとは違う衣装がまたよく似合っていました。

>ミチさん
洋服の趣味としては、いかにも60年代というのが好きですが、
ビヨンセがキラキラのパンタロン衣装でクネクネ踊る姿がとてもステキでしたよね。
私も歌って踊っています。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/17-55fbeacb

ドリームガールズ

賞狙いで出演したビヨンセの思惑が外れ、アメリカンアイドル出身の新人が評価されている話題の『ドリームガールズ』を観てきました。★★★★★全身で感じるソウルフルなミュージカル映画。思わずリズムに合わせて体が動いてしまいそうになる瞬間の連続。全ての登場人物が力

「ドリームガールズ」みた。

キャンディーズも、最初は”スーちゃん”がセンターだった。。。(笑)それはともかく、アマチュアとプロとの大きな違いは、必ずしも”実力”だけではない、ということだね。女性コーラストリオ「ドリームズ」の結成、デヴュー、成功、そして解散。煌びやか

映画「ドリームガールズ」

映画館にて「ドリームガールズ」 トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを元ネタに映画化。エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレルの3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見てニュー

ドリームガールズ

男5人のコーラスグループがジャクソン5だとすると、あのチビちゃんはマイケル・ジャクソン!すると、そこでビヨンセにプロポーズしたのか・・・

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード