~Club Amour~

早起きは三文の得

2007 - 09/20 [Thu] - 21:35

~ロシアの写真はこちら♪~

しか


先々週、プレゾンのために大阪に3泊したついでに
博貴に似ている鹿を求めて、奈良に行ってきました 笑
↑の写真の立派な角の鹿よりも
博貴はどちらかというと「小鹿のバンビ」って感じですが。

さて、大阪から行った私は東京からくるお友達とJR奈良駅で合流。
バスに乗って、東大寺の前で降りると、人力車発見!
私、こういうの好きなのよね~。
ヨーロッパでもアメリカでも、観光地で馬車見つけると、必ず乗るし
ロンドンの人力車パクッた「自転車力車」も、出始めの頃タクシー代わりによく乗った。

そんなわけで、人力車見つけて大喜びして近づいて行くと
ニコーっと微笑みながら‘マルコメくん’が近づいてきた。
彼が、今回の奈良ツアーで、私達の毒舌にも負けず(観光中まで、毒吐くのか? 笑)
とっても、とっても、楽しいものにしてくれたぐっさん

とりあえず、30分で8,000円。
そして、コースの説明を、と~っても丁寧にしてくれました。
それから、実は45分のコースと、60分のコースもあるんですが・・と。
もう、彼のニコニコの笑顔と、熱心且つ丁寧な応対で、
コースはどうあれ1時間とほとんど決めてはいるんだけど
彼の「奈良まち」の説明に魅了され、何の迷いもなく
1時間、1万5千円のコースに決めました。

人力車の会社は「えびす屋さん」といって、
京都に本店があって、奈良、鎌倉、浅草、函館etc 
日本各地の名所で、営業をしているらしいです。

えびす屋さんのサイトはこちら

どうやら、いろんなコースがあり、
多分、人数、目的などによって、いろいろ交渉したり予約可能じゃないかしら?

そして、私達の毒にも負けずに、頑張ってくれたのが、
多分、この奈良のページの山口さん

人力車を降りる時に、アンケート用紙を渡されるので
それに、感想やお礼を書いて送るんですが
日本に住むお友達の方がいいかと、彼女に渡してしまったので
私は、ここで、ぐっさんにお礼です。
ぐっさんのおかげで、奈良観光が本当に楽しかったです~!
どうもありがとうございました~!!

さて、奈良の写真、超驚きの話し、そして私の‘猛毒’は続きから・・



奈良


ぐっさんの案内によって、東大寺の前から出発。
「鹿注意」のマークだけで、かなり笑えている私達。
ぐっさんは、真面目に、鹿の説明、奈良の歴史など詳しくしてくれ
有名な景色とか、お薦めスポットで止めてくれて、写真を撮ってくれます。
そして、一生懸命人力車を引く、ぐっさんの後ろ姿が・・・
なんかちょっと、ヨコさんに似ててかわいかった。

この日は、台風の影響もあって、小雨がパラついたり、晴れたりのあいにくの天気でしたが
雨がパラパラしてくると、サササっと屋根をつけてくれ
私達にはビニールシートをかけてくれ、
雨が上がると、サササっと、全部どけてくれて
その動きの機敏さに、ちょっと感動。
しかも、ぐっさんは、ひたすら濡れてたりするので、ますます感動 涙

さて、まず私がビックリしたお話、第1弾は・・・

みがわり申

みがわり


↑の写真が、その「みがわり申」なんですが・・・
その名の通り、本当に「身代わり」らしい。
お家の前に、家族の人数分のみがわり申を置いて、厄除け?
その話しを聞いた私が発した言葉・・

私 「身代わりってさ、自分さえよければ、いいってことぉ??」
ぐっさん 「・・・・・・・・」

誰かを身代わりにする人って、私には超ひどい人なんだけど!

もともと中国からやってきたこの習慣。
最初は、本当に身代わりの人か猿を置いた?
とりあえず、今は、こんなお人形になっているんだけど・・・ 
これがまた、ヒドイ!
コマネチ型に後ろに手足をもっていって、結び付けてるの。ひど~い!!

私 「奈良の人って、ひどくない?」
友達 「そんな、こんな人の良さそうな人(ぐっさん)に向かって、なんてこと!!」
ぐっさん 「・・・・・・・・・・」(あきれて、笑うしかない)


五十の塔


それから、ズンズンと街中とか、観光地とか周り・・・
「オス鹿」しかいない公園の横を通ると、
ぐっさんが、鹿の説明をしてくれました。

どうやら、鹿というのは一夫多妻制らしい。
しかし、年に1度。好きな女を巡って戦う。
負けた鹿は、その「オス鹿」しかいない公園に
翌年の敗者復活戦がやってくるまで住まなくてはいけないんだって。
しかし!しかしですよ!年に1回チャンスがやってくるとはいえ、
負け続ける鹿もいて、一生「負け鹿公園」で過ごすのもいるわけだし
こんなに、オス鹿ばっかり集まって・・・

私 「鹿もゲイになっちゃうのかしら?」
ぐっさん 「・・・・・・・・」 しかし、爆笑
友達 「バカだぁ!!」 爆

そして、鹿話しついでに、ぐっさんが繰り広げ・・・
私達が、本当に心底ビックリしたのは!

早起きは三文の得

この言葉。そもそも、イメージとして「善いこと」っぽい。
と、思っていたんですが・・・

昔から奈良には、鹿がたくさんいた。
昔の奈良では、お家の前で鹿が死んでいるのを発見されると罰金が科せられた。
その罰金が「三文」だったらしい。
そんなわけで、罰金とられたら困る奈良の人達は
朝早く起きて、夜中に家の前で死んでいる鹿を・・・

隣の家の前に置いた! 爆!!

いや~これには、もうビックリ。
私はてっきり、裏に隠したとか、埋めたとかかと思ったのに・・
隣の家の前って! 爆

私 「それって、自分さえよければ、他はどうでもいいってことよねぇ!?
  超ひどくない!?」
友達 「もう!こんないい人に向かって!」 (再び)
ぐっさん 「・・・・・・・・」
私 「身代わり申といい、鹿といい
   奈良の人って、本当に自分さえよければいいの?」(奈良の人すみません)
ぐっさん「そう考えると、そうですよねぇ~」 笑

しかし、「遠くの親戚より近くの他人」って言葉があるけど
「他人は他人」ということなのかしら?ひど~い!

まぁそんなで大騒ぎしながら、楽しい1時間はあっという間に過ぎてしまいました。
ただ観光して見て周るだけじゃなく
いろんなお話が聞けて、ものすごく充実でした。
ぐっさん、本当にありがとう!!

それから、大仏や神社を見て周り
お土産物屋さんに行くと、やはりどこのお店もとても感じが良く
最後に、駅までタクシーに乗ったんだけど、
その運転手さんが、これまたすごくいい人で・・・
私達が、人力車での話しをすると、
「そんなにウケてもらって、人力車のお兄ちゃんも喜んでますよ」 笑

いや~本当に楽しい、奈良観光でした~!!

それにしても、ヨーロッパの馬車・自転車力車との大きな違いは、
なんといっても「ザ・日本のサーヴィス」
イギリスにきて、日本の恋しいものといえば・・
食事とか、可愛い洋服とか、いろいろあるけれど
なんといっても、効率の良さと、「お客様は神様」のサーヴィス。
今回東京や大阪では、はぁ?と思う
イギリス人も真っ青なマヌケサーヴィスもあったけど、
奈良では、ものすご~くしあわせな気分になれました。
やっぱ日本いいよ!って思った一日でした。
関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/165-2b8923e3

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード