~Club Amour~

涙雨と∞の永遠

2007 - 07/21 [Sat] - 22:34




KJ2 ズッコケ大脱走


こんにちワン・ツー!

全国のエイターさん、今頃心は広島ですね。
広島魂参戦している私のリン友さんに、ちょっと前に二人の涙雨いいよ~
と薦められてたんだけど
先週から博貴復帰でバタバタして、感想を放置しちゃって 汗

いい!はっきりいって、いい!
リン友さんの記事を読んだ感じだと、ムード歌謡っぽいイメージだったんだけど
まず、最初のイントロは・・
ムード歌謡というより、村下孝蔵っぽい?
あ、村下孝蔵さんは、全然詳しくないんですが
私がイメージする村下孝蔵さんの曲に、こんなイントロがあった。
天気がよくても風が吹いてそうな、せつない感じ。

そして歌が始まると・・・
どっぷりムード歌謡だわ~。
戦後のキャバレーで、男の人が数人で歌ってるのに合わせ
ホステスさんと、お客がワルツかジルバかマンボかしらんけど踊ってそうな おためしピンク

そして・・・ 私の1番の注目は・・・

重ねたぬくもりに 少し甘えすぎて
キミの孤独気付きもしないで


うわぁ~!!!キタ、キタ!ひゃ~っはっはっは!
ここ歌っているの誰ですかぁ?? うわっはっは!
もう、これぞ

野球選手が歌うムード歌謡!

きゃ~!!!もう、すご過ぎる!ほれた!
え?からかってんの?って、
イヤ、真剣に誉めてる!私は野球選手のムード歌謡好きだ!
増位山や琴風もいいけど、やっぱ江本孟紀や小林繁が好き。
ちなみに大阪レイニーブルースの記事を見てもらうと
私の好きなムード歌謡、第3位は、小林繁の『昨日の女』
ここには入ってないけど、江本の『恋する御堂筋』も超好きハートはーと

メロディもどっぷりムード歌謡で、ビリビリくるんだけど
というか、メロディが違ったらムード歌謡にならないんだろうけど
歌詞もいいわ~。めずらしく、最初から歌詞に反応しちゃった。
まぁ↑の重ねた~のとこ歌っている子の歌声が、
私に「詞もちゃんと聴け~!」って訴えたのかもしれないけど
それで、作詞は誰かと検索すると白鶯剛さんという方なんですが
他に何もでてこないんですよね。
何者なんでしょう?謎の人物?それともメンバーの誰かがコッソリペンネーム??

それにしても、この曲・・・
このままアルバムの1曲で終わるんでしょうか?
もったいない~。




毎週金曜日はポイント最大3倍!さらに4倍のチャンスも!
エース損害保険・海外旅行保険/海外旅行保険のAIU保険/エナメルバック

スコアアップ専門マンツーマンスクール【EYE】の無料体験レッスン

この曲・・・ シングルにしたら、絶対売れるっていうか・・
今年の忘年会で、オヤジがこぞって歌ってくれそうなんだけど。
私だけじゃなく、何気にみんな懐かしい曲求めてるよね?
『青春アミーゴ』のヒットって、そこでしょ?
まぁアミーゴの方が、歌謡曲らしいというか、
ムード歌謡や演歌よりは、若いイメージでなおさらよかったのかもしれないけど
あと『宙船』。あれはニューミュージックとロックと歌謡曲が
丁度いい感じにまざって、70年代だった。
『二人の涙雨』結構いけると思うんだよね。
普段のエイトのシングル売り上げプラス、
20万枚は余計にオヤジがカラオケのために買ってくれそう。
もったいないよ。このままアルバムにしまっておくの。
シングルにして、ドラマの挿入歌にして・・・
桟橋で涙を流す亮ちゃんとか、雨の中走る亮ちゃんとか・・
って、結局亮ちゃんのドラマの挿入歌にして、世間に広めましょう!
そしたら、さらに10万枚は余計に売れる。

今現在は、アルバムの1曲というだけなので
この曲を世間に知ってもらうには、「有線」にリクエストするしかないらしいんだけど
これって、有線のあるお店で、地道なリクエストしなくちゃいけないのよね?
もったいなぁ~い。

アルバムはね・・・
半分がSMAPの曲っぽいんだよね。
あ、SMAPっぽいのが悪いといってるんではないです。
SMAPっぽいのは、SMAPが歌えばいいってこと。
曲名はぶきますが、アルバムの1、2、6、8曲目。
特に2曲目の『Speedy Wonder』は、まったく同じようなのあったよね?

そして、ネットで見てて、結構人気かなぁと思っていた『エネルギー』
これって、エイトの曲なの?
なんか、すごく知ってるんだけど。
どっかでソックリな曲聴いたかなぁと思って考えてるけど、思い出せない。
どこだったかなぁ?誰だったかなぁ?
というか、私の得意分野じゃないんだよね。
なんか、日本のバンド系だよね?
昔、原宿でバンドブームがあった頃にありそうな曲。
でも、最近どっかで女性ヴォーカルで似たようなの聴いたような感じ?
まぁよくある曲なんでしょうか?

というか、エイトのファンの人は、エイトの曲ってどんな感じが好きなのかしら?
私としては、SMAPみたいなのいらないと思うのよね。
で、私のお気に入りは『大阪レイニーブルース』と『二人の涙雨』なんだけど
このパターンだけで若いファンが喜ぶとも思えず
『ズッコケ男道』とか『強情にGO!』はウルフルズみたいだけど
ウルフルズっぽいのはね、エイトの雰囲気にあってるし
これは、これでいいと思う。

あと、このアルバムにはないけど、すばるのメタル調の歌もなかなか気にいってるっていうか
あれってさ、やっぱ他のグループにないし、これも「エイトっぽさ」かなぁって私は思ってる。
『地元の王様』だって、SMAPの曲にありそうなメロディだけど
途中のすばるの‘歌い上げ’が、SMAPとの違い? 爆

まぁエイトのファンは、曲がどうのこうのというより
エイトの暖かい雰囲気が好きなのかな?
以前、どっかのブログで、
KAT-TUNのコンサートは見終わると悲しくなるけど
エイトのコンサートは終わった後、すごくしあわせな気分ってあった。

KAT-TUNのは・・・ きっと「恋心」と同じ感じよね。
また会えると思っても、別れたすぐ後逢いたいの。
エイトのは・・・ 
離れていても冷める心配のない大きな愛で包まれてる感じ?

なんか、ここ数日思ったんだけど
もし博貴がエイトに戻らず、他のグループとかソロになっても
博貴がエイトのみんなに愛されてるのは変わらないし
エイトのメンバーであることは永遠かなぁって。


関連記事

あいさん、こんばんわー
早速きちゃいました♪

あのフレーズ歌ってるのはたっちょん(大倉忠義)ですよ!
低くて渋い声じゃないですか?(年齢は内クンのひとつ上です)
気に入ってもらえて嬉しいです♪

SMAPっていうのちょっとわかるかも(笑)
エネルギーはたぶんマル担だから贔屓目な部分はあります(笑)

コンの中で歌ってると、どれも∞色に染まってる感じはしますが、涙雨やレイニー、ロマネスクと比べると∞らしいのは(∞にしか歌えないのは)後者なんですよね
しかもなんか力強いというかパワーがある!
ずしっとくるんです(意味不明な表現しかできませんが…)

私もぜひシングルで出して中年の方にも知ってもらいたいなと思います

では~またきます(・∀・)

涙雨いいでしょー!!
しかも野球選手のムード歌謡て!!!!
いつから無くなったんでしょか!?あのての番組!!
まさかアンダースロー小林が出てくるとはヽ(´▽`)/
素敵ですあいシャン♪
ぜひ∞魂来て!!曲がまた違った感じになるよ♪

うるうるさん♪

あの声はたっちょんだったんですね。
この曲の1番のツボだわ 笑

SMAPの10年前ぐらいのアルバムに入ってる曲に
いっぱい似たようなのがあるんですよ。
アイドルは、年中アルバム発売するので
曲を作る人達も大変なのかと思うけど
ほぼ「パクリ」みたいなのは、あまり好きじゃないです。

コンサートで見ると違うんですね。
エイトパワーが何倍にもなってるんでしょうね。
本当に、そのうち見にいかないと。

今日は広島魂ですね。
あとでレポ読みにいきます~。
楽しんできてね~。

ぺきどん♪

きゃ~!!
小林繁に反応してくれて、うれしい~~。
さすがぺきちゃんだわ。

涙雨、素晴らしいです♪
有線で流して、カラオケスナックのオヤジに歌ってもらいましょう!
テレビでもいっぱい歌ってくれればいいのになぁ。
そしたら、フリも覚えれるんだけど。

あいさん♪

涙雨いいよね~♪
あいさんが気になった部分って、まさしく私が気になったソロ3番手の部分だわv-238
あの歌声、すごく気になるでしょう?
アレが大倉クンの声だと知って、私の中での大倉クン気になり度UPv-154だったもん♪

あの歌はぜひ、おじさん世代にも聴いていただきたい!!
絶対カラオケ定番になるからv-221

アルバム曲にしておくの、もったいないわ!!

うしこさん♪

本当に、アルバムの1曲でいるにはもったいない曲ですよね~。

たっちょんのソロ部分・・・・
私はちょっと奇妙な感じで気にいっちゃったかも? 笑
あの、どっぷりムード歌謡っぽさがたまらないです。

50代の、カラオケ=ムード歌謡世代の人には
かなりうけそうな曲ですよね。
オヤジが歌うと、艶が増しそうで、是非歌ってほしいわ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ladywilliam.blog67.fc2.com/tb.php/120-50c86a8c

 | HOME | 

プロフィール

あい

Author:あい
美少年探しにロンドンに・・・

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

AMAZON

リンク

ブログ内検索

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード